基礎体温からわかること

いっぱいある!基礎体温からわかること

基礎体温をつけるようになれば、毎日が変わります。
たとえば、生理前の憂鬱な時期がわかったり、妊娠しやすい時期がわかったり、ダイエットや仕事が頑張れる好調期だって予測可能です。
基礎体温を知ることで、つらかったPMS(月経前症候群)とうまくつきあえるようになるかもしれませんし、生理前にありがちな彼との喧嘩をへらせるかもしれません。
なかなかうまくいかなかったダイエットだって、ついに成功しちゃうかもしれません。

大切なのは、あなたが基礎体温から何を知りたいのか、ということ。 なぜって、基礎体温をつける目的がはっきりすれば、つけるのが毎日楽しくなって、自分のココロとカラダを今まで以上に大切にできるはずだから。
基礎体温からわかること、できること、いろいろ集めてみました。自分に合った基礎体温の活用法を見つけてみてください。

カラダのサイクルがわかる

次の生理はいつ?

28日周期の場合、排卵後、高温期が2週間続いた後に体温が下がり始めると、月経が始まります。

今日はきっと排卵日♪

体温ががくんと下がる日を目安にします。
低温期から高温期に変わるとき、もしくはその付近に排卵があると推定できます(個人差があります)。
また、基礎体温が二相性になっていれば、一応、排卵があると推測できます。

妊娠したかも?

いつもは高温期のあとに低温期がくるのに、そのまま高温期が続いていたら、妊娠している可能性が高くなります。

ホルモン異常などのトラブルは起きてない?

高温期の基礎体温が全体的に低かったり、期間が短かったりする場合は、黄体の動きが悪いということで、不妊症の可能性が。 また、低温期しかない場合は、無排卵周期症かもしれません。基礎体温を測っていれば、トラブルを見つけるきっかけにもなります。 疑わしい場合は、できるだけ早く婦人科を受診しましょう。

基礎体温からわかるホルモン異常などのサイン

今、月経周期のどの時期かな…

基礎体温を測っていれば、自分が不調期にあるのか、好調期にあるのか、 判断しやすくなり、PMS(月経前症候群)のイライラや胸のハリ、 過食などの不調が現れやすい時期を知ることができます。

カラダとココロの変化をチェック

肌荒れ周期がわかるといいな

黄体期のうち、特に月経前の1週間は皮脂の分泌が多くなり、吹き出物ができやすくなります。 刺激物やナッツ類のとりすぎに注意しましょう。 また、肌トラブルが増える時期なので、ピーリングなどの刺激の強いケアは避けて。 洗顔はたっぷりの泡で、こすらずやさしく行いましょう。

月経前は、太りやすいような気がします。ダイエットがうまくいきません…

黄体期に増える黄体ホルモンに水分をたくわえる作用があるため、確かに、月経前は、むくみやすくなります。 また、この時期は、食欲が亢進する上に、気分のイライラもあって、過食に走りやすくなりがち。 塩分、糖分の多いものや刺激物はできるだけ控えるようにしましょう。 ただし、我慢し過ぎはストレスのもとなので、お菓子よりもフルーツやヨーグルトを食べるなど、食べ方を工夫して乗り切って。

おりものが増えやすい時期を知っておきたい

排卵日が近づくとおりものの量が増えてサラサラとした状態に。 排卵すると、粘り気のあるおりものに変わります。 月経前には、量はだんだん減っていき、粘り気もなくなりますが、においが強くなることもあります。 ふだんのおりものの状態をしっておくとよいでしょう。
量が急に増えたり、悪臭がするなどの場合は、病気が隠れているかもしれないので、婦人科を受診しましょう。

予めPMSが来そうな時期に備えたい

月経前症候群(PMS)は、一般的に月経がはじまる1週間ぐらい前から始まります。 基礎体温をつけて、月経日やPMSの時期を把握しておくと、セルフケアがしやすくなりますよ。

pagetop