OMRON All for Healthcare

vol.175

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

高齢者に適した糖尿病の運動療法にはどういったものがありますか。

A回答

高齢者糖尿病の運動療法の目的は、健康寿命を延ばすことにあります。血糖コントロールだけでなく、膝の痛み解消や認知症予防など目的別に、自分に合った運動療法を選ぶことができるといいですね。
高齢者糖尿病の運動療法の目的は、血糖コントロールだけでなく、健康寿命を延ばすことにあります。高齢者糖尿病の人が週に150分以上のウォーキングや自転車こぎなどの有酸素運動を行うことで血糖コントロールの改善や糖尿病合併症の予防が期待できます。足腰が丈夫な人は、「さっさか歩き」と「ゆっくり歩き」を繰り返すインターバル速歩がおススメです。膝に痛みを感じる人は負担の少ない歩き方(セーフティウォーキングや水中ウォーキング)がおススメです。今まで、運動習慣のなかった人は無理をせず15分の散歩から始めてみてはいかがでしょう。

また、スクワット、腹筋、腕立て伏せなどの筋力トレーニングも血糖コントロールに役立ちます。一番効果的なのは筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせることです。筋力トレーニングは、月曜、水曜、金曜など、週に3回が目標です。特に、膝の痛みを感じる人はスクワットや大腿四頭筋トレーニングがおススメです。物忘れなど認知機能が気になる人は、2つのことを同時に行うデュアルタスクがおススメです。このように目的別に運動療法を選ぶことができるといいですね。

そして、何よりもテレビを見ながらゴロゴロしている時間を少なくすることが大切ですね。

shadow
このページの先頭へ戻る