OMRON All for Healthcare

vol.165 体質改善で治す!ダニアレルギーの「免疫療法」

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.165 体質改善で治す!ダニアレルギーの「免疫療法」

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ。春先は、スギ花粉による季節性のアレルギーが増えますが、一年を通したアレルギーには、ダニが深く関わっています。気管支ぜんそくの患者では、小児の90%、成人の50%以上は、ダニアレルギーが原因といわれています。「夜、寝ているときに症状が出る」、「掃除中や布団を干しているときに悪化する」。これらは、ダニアレルギーの典型的な症状です。今頃の時期は、ダニアレルギーと花粉症を併発している場合もあるので注意しましょう。

アレルゲン免疫療法とは

日本におけるアレルギーの治療は、症状を抑える対症療法が中心でしたが、2015年にダニアレルギーに対する「アレルゲン免疫療法」が健康保険の適用になり、根治を目指した治療が可能になっています。ダニアレルギーの原因治療は、要望が高いにもかかわらず、諸外国より後れをとってきました。アレルギー疾患に詳しい埼玉医科大学呼吸器内科の永田真教授は、「日本もようやく国際社会と同様に、アレルゲン免疫療法が普及し始めている」と現状を話します。
アレルゲン免疫療法は、病原となるアレルゲンを持続的に体内に投与し、ダニに対して免疫をつけて、アレルギーを起こしにくくする治療です。注射と錠剤を用いる舌下免疫療法の2つの治療法があります。舌下免疫療法は、舌の下に錠剤を入れて溶かしながら服用します。錠剤は2種類あり、濃度の低いものから始めて、毎日1回服用します。治療期間は、どちらの方法も最低3年以上が原則です。

即効性のある入院治療もある

ダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎の場合、治療法は注射と舌下免疫療法のどちらかが選択でき、両方に健康保険が適用されます。一方、気管支ぜんそくは、注射のみに健康保険が適用されます。注射による治療は、通常、週1回通院し、約半年かけて効果の出る維持量まで増量することが一般的ですが、埼玉医科大学病院では、短期間の入院で急速に導入する治療も行っています。「これはヨーロッパで実施されている治療で、日本では私どもが先駆けです。半年かかる治療を6日間の入院で行います。即効性があり、また確実に完遂できる利点があります。スギ花粉症も一緒に治療したいという患者さんや、毎週通院は大変という方に喜ばれています。入院費用も3食ついて1日当たり1万円程度(3割負担の場合)です」(永田教授)。退院後は、月1回通院して注射を3年以上続ける必要がありますが、軽症の気管支ぜんそくでは、寛解するケースがあるということです。

長期的な予後の改善に効果

ダニアレルギーによって気管支ぜんそくなどを発症すると、ダニ以外のスギ花粉やイネ科の花粉、食物アレルギー、動物、真菌類などにも抗体ができて、やがていくつものアレルギー疾患を併発するようになります。効果の特長について永田教授は、「アレルゲン免疫療法は、その広がりに歯止めをかける抑止効果と、アレルギー性の鼻炎や結膜炎などの症状にも包括的に効果があり、長期的な予後の改善につながる」と話します。
注射によるアレルゲン免疫療法は、薬の量や免疫の複雑な仕組みが関わるため、アレルギー専門医がいる医療機関に限られますが、舌下免疫療法は、耳鼻咽喉科や呼吸器内科、小児科でもできる場合があります。根治を希望する場合は、医療機関に相談してほしいと永田教授はアドバイスします。

ダニによる食物アレルギーや土カビにも注意

日常生活でアレルギーを防ぐには、原因を避けることが最も大事です。ダニは室内のいたるところに存在し、完全には除去できないため、「毎日こまめに掃除をする」、「ダニが繁殖しやすいカーペットは使用しない」、「室内の通気」などを心がけましょう。
最近、ダニについては、「パンケーキ症候群」という食物アレルギーを起こすこともわかっています。これは、パンケーキなどの粉に侵入したダニが原因です。ダニは加熱してもアレルゲンの活性が残るため、食物アレルギーを発症します。日本では、お好み焼きの粉などで起きています。ダニは高温多湿を好むので、使いかけの粉類は冷蔵庫にすぐに入れるようにしましょう。
また、ペットを飼っている人では、ダニ以外にペットに対するアレルギーや、さらに土カビにも注意です。土カビは土壌中にいる真菌類で、イヌやネコが体につけて家の中に持ち込むのです。このカビに対して抗体を持っている気管支ぜんそくの患者では、症状が重症化します。土カビはペットを飼っていなくても、エアコンのフィルターなどにも存在していることがあります。フィルターの掃除も忘れないようにしたいものです。

監修 埼玉医科大学 呼吸器内科 教授
埼玉医科大学病院 アレルギーセンター センター長 永田真先生


shadow
このページの先頭へ戻る