OMRON All for Healthcare

糖尿病って、どんな病気?

インスリンの働きと糖尿病

私たちが食事をすると、糖質は分解されてブドウ糖となり、血液中に入って全身に送られます。そしてすい臓から分泌されるインスリンの働きで、ブドウ糖は細胞内に吸収され、私たちの活動に必要なエネルギーとなります。エネルギーとして使われなかったブドウ糖も、やはりインスリンの働きで脂肪細胞の中に蓄えられます。
ところがなんらかの原因でインスリンの分泌量が少なかったり、働きがよくなかったりすると、ブドウ糖が細胞内にうまく吸収されず、血液中にあふれ出てしまいます。こうした状態が続くと、血液中のブドウ糖の量(血糖値)が慢性的に増え、からだのさまざまな部分に悪影響が出てきます。これが糖尿病という病気です。

糖尿病の主な種類

糖尿病には大きく分けて、1型糖尿病と2型糖尿病があります。

1型糖尿病 ウイルス感染などが原因で、インスリンが分泌できない、あるいは分泌量がきわめて少ないために生じる糖尿病。患者数は少数ですが、10歳代の若い世代に多くみられます。
2型糖尿病 体質やカロリー過多、運動不足、肥満などが原因で、インスリンの分泌量が減ったり、働きが低下することによって生じる糖尿病。糖尿病の95%がこのタイプで、中高年に多くみられますが、最近は若年化が進んでいます。
その他 ほかの病気が原因で起こる糖尿病や、妊娠をきっかけに起こる妊娠糖尿病などがあります。

いわゆる生活習慣病とされるのは、2型糖尿病です。2型糖尿病の原因ははっきりせず、遺伝体質、食生活の乱れや運動不足、肥満、ストレスなど、さまざまな要因が重なって発症します。
それだけに予防や改善のためには、生活全般を見直し、リスクをできるだけ減らすなど、自分自身でできることもたくさんあります。

Lesson2 食後高血糖に注意を!arrow

shadow
このページの先頭へ戻る