OMRON All for Healthcare

メタボリックシンドロームの診断基準は

ウエストサイズを基本に

メタボリックシンドロームかどうかの診断の基本は、ウエストのサイズです。ウエストサイズは、内臓脂肪の蓄積状態を知るための、ひとつの目安だからです。また、下記の腹部肥満の基準は、内臓脂肪面積100㎠に相当するウエストサイズであることから決められたものです。
そのうえで、中性脂肪やコレステロール、血圧、血糖などについても、次のような基準が設定されています。

メタボリックシンドロームの診断基準

1. 腹部肥満 ウエストサイズ 男性85cm以上 女性90cm以上
2. 中性脂肪値・
 HDLコレステロール値
中性脂肪値 150mg/dl以上
HDLコレステロール値 40mg/dl未満
(いずれか、または両方)
3. 血圧 収縮期血圧(最高血圧) 130mmHg以上
拡張期血圧(最低血圧)  85mmHg以上
(いずれか、または両方)
4. 血糖値 空腹時血糖値 110mg/dl以上

日本内科学会、日本動脈硬化学会など8学会による合同基準

予備軍でも気をつけよう

診断基準のうち、1. のウエストサイズは自分でも簡単に測ることができます。立ってからだの力を抜き、軽く息を吐いた姿勢で、おへその高さの腹囲を測定します。
2. は中性脂肪が多かったり、反対に善玉(HDL)コレステロールが少ないと、動脈硬化の原因となる超悪玉(小型LDL)コレステロールが増えることを意味します。
3. の血圧や、4. の血糖値の場合は、それぞれ高血圧や糖尿病の基準より少し低くし、いわゆる予備軍の段階の人をふくめるように設定されています。

ワンポイントアドバイス

診断基準の基本となるウエストサイズについては、男性の場合(85cm以上)には健康診断などでかなり多くの人が該当します。その一方で、女性の場合(90cm以上)はきわめて少数であることから、医師によっては「女性はもう少し早い段階から注意が必要」としています。また最近では、「身長の半分」の数字を考えなければいけないという意見もあります。それは、身長180㎝の人と160㎝の人で、ウエストサイズの基準が同じでいいはずがない、という考えからです。身長160㎝の人がウエストサイズ80㎝を超えたり、お腹がポコッと出てきたりしたら、注意しましょう。


shadow
このページの先頭へ戻る