2010.10.06

簡単操作、優れた視認性、通信の多様性で看護業務をサポート セントラルモニタ HXC-1100シリーズ 最大16ベッドの生体情報を同時にモニタリング 10月8日発売

LINEで送る 年度別一覧に戻る
セントラルモニタ HXC-1190
セントラルモニタ HXC-1190

オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都市、代表取締役社長:宮田 喜一郎)は、セントラルモニタの新商品として、画面表示のユーザビリティを追及し、操作性と視認性を高めた「セントラルモニタ HXC-1100シリーズ」の販売を10月8日から開始します。 販売は、当社の医療機器販売会社であるオムロン コーリン株式会社(本社所在地:東京都文京区、代表取締役社長:荻野 勲)を通じて行います。


近年、病院では1ヶ所のナースステーションで容態を監視する患者数が増加傾向にあり、複数の患者の容態を同時にモニタリングするセントラルモニタの需要が高まっています。セントラルモニタは、通常はナースステーションに設置されるため、狭い場所でも設置できる省スペース性に加え、操作性や視認性の高さなど看護業務の効率性の向上が課題となっています。

このたび発売する「セントラルモニタ HXC-1100シリーズ」は、操作性と視認性を高めた画面表示によって看護業務をサポートする、コンパクトな一体型のセントラルモニタです。

画面の上部には、表示したい患者を選択するための「ベッド選択」のタブ、下部にはアラームの設定や表示波形設定などの操作を行う「機能選択」のタブを配置。異なる機能の操作タブを画面の上下に分けて表示したことで、より操作が簡単になり、表示したい画面にスムーズに移ることができます。
また、使用頻度が高い波形表示設定やアラーム設定などは、基本画面上での操作が可能。設定したい部分をタッチするだけなので、詳細な個別設定が簡単に行えます。そのほか、担当患者の確認が一目で行えるように、モニタリングしている患者のベッド番号を色分けして登録表示する「色別機能」や、患者ごとの注意事項や情報などを入力し、看護師間の情報伝達を簡便かつ正確にする「注意メモ機能」などを搭載しています。
さらに、現場のニーズに応え、多人数表示機能をより充実させました。4ベッド・8ベッド・12ベッド・16ベッドの4種類の表示モードを搭載。有線・無線混在のネットワーク通信により、1台で最大16人の患者の生体情報を同時にモニタリングし、容態を迅速に把握することができます(12ベッド、16ベッドはオプション対応)。

本体とカラー液晶ディスプレイ、受信機を一体化したコンパクト設計なので、狭いナースステーションでも設置可能です。また、ディスプレイは見やすさを追求し、画面サイズ15インチ(型番:HXC-1150)と、画面サイズ19インチ(型番:HXC-1190)の2タイプをご用意。それぞれ画面の角度が変えられるので、常に見やすく角度調節できます。

詳細は次のとおりです。

主な特長

1. スムーズな画面遷移を実現する、操作性の良い上下のタブ

画面の上部には表示したい患者を選択するための「ベッド選択」のタブ、下部にはアラームの設定や表示波形設定などの操作を行う「機能選択」のタブを配置。異なる機能の操作タブを画面の上下に分けて表示したことで、より操作が簡単になり、表示したい画面にスムーズに移ることができます。

2. 操作性の高い、タッチパネルでのワンタッチ操作

使用頻度が高い波形表示設定やアラーム設定などは、基本画面上での操作が可能。設定したい部分をタッチするだけなので、詳細な個別設定が簡単に行えます。

3. 看護業務をサポートする、患者の「色別機能」や「注意メモ」機能

画面に表示する各患者のベッド番号を、色分けして登録する「色別機能」を新搭載。看護師ごとに担当患者グループを色分けして登録することで、担当患者の確認が一目で行えます。また、患者ごとの注意事項や情報などを入力する「注意メモ」機能も搭載。注意メモが入力されると画面上にアイコンが表示され、そのアイコンをタッチすると内容を確認することが可能なので、看護師間の情報伝達を簡便かつ正確に行うことができます。

4. 最大16ベッドまで同時にモニタリング可能

多人数表示機能をより充実させ、4ベッド・8ベッド・12ベッド・16ベッドの4種類の表示モードを搭載。有線・無線混在のネットワーク通信により、1台で最大16人の患者の生体情報を同時にモニタリングし、容態を迅速に把握することができます(12ベッド、16ベッドはオプション対応)。

12ベッド表示
12ベッド表示

16ベッド表示
16ベッド表示

5. 設置場所を選ばない、コンパクト設計

本体とカラー液晶ディスプレイ、受信機を一体化したコンパクト設計なので、ナースステーションの限られたスペースにも設置可能です。ディスプレイは、見やすさと使いやすさを追求し、画面サイズ15インチ(型番:HXC-1150)と、画面サイズ19インチ(型番:HXC-1190)の2タイプをご用意。それぞれ画面の角度が変えられるので、常に見やすく角度調節できます。

主な仕様

販売名称 セントラルモニタ HXC-1100シリーズ
型式 HXC-1150(15インチ)
HXC-1190(19インチ)
表示方法 TFTカラー液晶ディスプレイ
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 HXC-1150:最大150W
HXC-1190:最大160W
質量 HXC-1150:約10.5kg
HXC-1190:約12.5kg
外形寸法 HXC-1150:幅350×高さ424×奥行き262mm
HXC-1190:幅422×高さ494×奥行き262mm
医療機器承認番号 22200BZX00618000:高度管理医療機器、特定保守管理医療機器
一般的名称 解析機能付きセントラルモニタ

■メーカー希望小売価格
HXC-1150 3,885,000円~ (税込)
HXC-1190 4,410,000円~ (税込)

※仕様によって異なります

■販売目標:400台(HXC-1150・HXC-1190両機種合計、発売後1年間)

このページの先頭へ戻る