2010.11.18

操作性と快適性を高めた医療機関向け血圧計 自動血圧計 HBP-T105S-N 「高速測定」技術を搭載 11月19日発売

LINEで送る 年度別一覧に戻る
自動血圧計 HBP-T105S-N
自動血圧計 HBP-T105S-N

オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都市、代表取締役社長:宮田 喜一郎)は、当社独自の血圧測定技術である「高速測定」技術を搭載した「自動血圧計 HBP-T105S-N」(以下、HBP-T105S-N)を11月19日から販売開始します。
販売は、当社の医療機器販売会社であるオムロン コーリン株式会社(本社所在地:東京都文京区、代表取締役社長:荻野 勲)を通じて行います。

このたび発売する「HBP-T105S-N」は、血圧測定時における患者の安全性と快適性にこだわって開発した、当社独自の血圧測定技術である「高速測定」技術を搭載した医療機関向け血圧計です。
患者一人ひとりの腕の太さや血圧レベルに合わせて最も適した昇圧スピードを自動的に判断して加圧する「スマート昇圧」と、測定時の心拍数に合わせて減圧の速度を調整する「自動減圧コントロール」により、血圧測定時間を短縮するとともに、測定時における痛みや不快感を軽減し、正確な測定が行えます。
また、医療現場での操作性を高めるため、ユニバーサルデザインを追求。本体のフロントパネルを約40度に傾斜させることで、どの位置・角度からも測定結果を見やすく、またボタンを押しやすくなりました。使用頻度の高い、血圧測定の開始・停止スイッチとアラーム音停止のスイッチには、バックライトを搭載しているため、暗い場所でも安心して操作することができます。
対応腕帯も種類豊富に揃え、新生児から成人まで幅広く測定可能です。

詳細は次のとおりです。

主な特長

1. 当社独自の「高速測定」技術で、最適な測定を実現

血圧測定時における患者の安全性と快適性にこだわり開発した、当社独自の「高速測定」技術を搭載。血圧測定時間を短縮し、測定による痛みなど患者の負担を軽減するとともに、測定中の体動などによるノイズが混入する可能性が減少し、正確な測定が可能です。

高速測定技術(1)「スマート昇圧」
患者一人ひとりの腕の太さやカフの巻き具合に合わせて、最も適した昇圧スピードを自動的に設定。目標のカフ圧に近づくにしたがって、自動的に加圧を制御するので、カフの強すぎる締め付けを無くし、測定時の不快感をやわらげます。

高速測定技術(2)「自動減圧コントロール」
測定時の心拍数に合わせて減圧の速度を調整し、測定スピードを維持することで時間を短縮します。血管を圧迫する時間が短くなり、測定時の痛みを軽減します。

2. 医療現場での操作性を高める、ユニバーサルデザイン設計

どの位置・角度からも測定結果を見やすくなるように、フロントパネルを約40度に傾斜させました。座った状態でも、立った状態でも操作ボタンが押しやすく、多忙な医療現場でのスムーズな血圧測定をサポートします。

3. 暗い場所でも操作が安心な、バックライト付スイッチ

使用頻度の高い、血圧測定の開始・停止スイッチとアラーム停止のスイッチに、バックライトを搭載。暗い場所でも安心して操作することができます。

■メーカー希望小売価格:199,500円(税込)
■販売目標:400台(発売後1年間)

主な仕様

販売名 自動血圧計 HBP-T105S-N
表示方法 LEDデジタル表示
測定項目 最高血圧、平均血圧、最低血圧、脈拍数
質量 約1.9kg(本体のみ)
外形寸法 幅239×高さ150×奥行き239mm
医療機器認証番号 222ACBZX00058000:管理医療機器、特定保守管理医療機器
一般的名称 医用電子血圧計
標準付属品 ACアダプタ、電源コード、バッテリ、取扱説明書、添付文書、クイックガイド、IEC成人用標準カフ(12cm/紺色)、IECエアホースブルー 成人/児童用(3.5m)
このページの先頭へ戻る