2021.01.11

CES 2021 出展内容について -遠隔診療サービスの最新事例や心疾患事業の取り組み、健康管理アプリ「Omron connect2.0」の最新情報を紹介-

LINEで送る 年度別一覧に戻る

オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下当社)は、2021年1月11日(月)から14日(木)にオンラインで開催される「CES2021」において、当社の循環器疾患事業ビジョン「ゼロイベント(脳・心血管疾患の発症ゼロ)」実現を目指しておこなっている、米国における遠隔診療サービスの最新事例や心疾患事業領域における取組内容、また健康管理アプリ「OMRON Connect2.0」の最新情報を発表します。

■CES2021 開催概要

<開催日時>
2021年1月11日(月)~14日(木)(米国東部標準時)
※1月11日(月)はメディア限定開催
1月12日(火)7:00AM(米国東部標準時)、1月12日(火)9:00PM(日本時間)より一般開催

<開催URL>
 https://digital.ces.tech/home

■メディア向けプログラム

<日時>
1/11(月)2:00 PM-2:30 PM(米国東部標準時)、1/12(火)4:00AM-4:30AM(日本時間) Media Day 
1/11(月)2:30 PM-3:00 PM(米国東部標準時)、1/12(火)4:30AM-5:00AM(日本時間) Media Day Q&A

<テーマ>
「医師およびヘルスケアエコノミストからみた、VitalSightを始めとする遠隔診療サービスの有用性」「健康管理アプリ"OMRON Connect2.0"の最新情報」

<概要>
2020年9月に米国でリリースした遠隔患者モニタリングサービス「VitalSight」の共同開発パートナーであるノースウェスタン大学医学部教授のDr.Percellによる遠隔診療サービスの可能性や、ヘルスケアエコノミストからみた「VitalSight」と経済との関係性、さらに90日間家庭での血圧測定に取り組んだ高血圧患者のコメントを交えながら高血圧治療における遠隔診療サービスの有用性について紹介します。さらに、2021年春に予定している健康管理アプリ「OMRON Connect2.0」最新アップデート内容も紹介します。

<出演者>
Dr.Stephen Percell(Director of the Institute for Public Health and
Medicine at Northwestern)Frederick Goodall(Founder of MochaManStyle)
Sarasohn-Kahn(Health Economist)
Ranndy Kellogg、Jeff Ray、Carol Lucarelli(Omron Healthcare)

■オムロンヘルスケア参加 ライブプログラム

1.Introducing VitalSight by OMRON (米国の遠隔診療サービスの最新事例)」

<日時>
1/12(火)12:15 PM-12:45 PM(米国東部標準時)、1/13(水)2:15AM-2:45AM(日本時間)

<概要>
「VitalSight」セットが患者の自宅に届いてから使用開始するまでの流れや、医師が患者のバイタルデータを確認する画面や電子カルテとの連携について、デモストレーションを交えながら詳しく紹介します。

<開催URL>
https://digital.ces.tech/sessions/3ef069f0-01e0-4020-b243-9de98ec0ac04?source=sessions

2.「The Trade-Off Between Staying Secure and Staying Healthy

<日時>
1/12(火)5:45 PM-6:15 PM(米国東部標準時)、1/13(水)7:45AM-8:15AM(日本時間)*関連企業のリーダーによるパネルディスカッションです。オムロンヘルスケア(U.S)CEO Ranndyがパネラーとして参加します

<開催URL>
https://digital.ces.tech/sessions/fa4572f8-903f-431d-9038-325019f25c64?source=sessions

3.「Going for Zero: The Heart of Everything We Do(ゼロイベント実現を目指した循環器疾患における取組の紹介)」

<日時>
1/13(水)11:30 AM-12:00 PM(米国東部標準時)、1/14(木)1:30AM-2:00AM(日本時間)

<概要>
世界では10億人の成人が高血圧といわれており、米国では1億1600万人の成人が高血圧といわれています。高血圧患者の血圧適正コントールに向けて、2019年に発売したウェアラブル血圧計「HeartGuide」、心電計付き上腕式血圧計「Complete」、遠隔診療サービス「VitalSight」がどのように貢献しているか、また、2021年春にアップデートを予定している健康管理アプリOMRONConnect2.0の概要についても紹介します。

<開催URL>
https://digital.ces.tech/sessions/e94ce5af-a111-492e-9260-e22341cf47b0?source=sessions

 

なお、CES2021開催に合わせて、当社のウェブサイトにおける特設ページの内容をアップデートいたします。遠隔診療サービス、血圧管理の進化、心疾患事業領域における取り組みについて詳しく紹介します。

特設サイト:「OMRON Healthcare at CES2021

日本語版 https://www.healthcare.omron.co.jp/ces
英語版  http://healthcare.omron.com/ces

当社は、パートナーシップを活用したデジタルコンテンツや、オンラインコミュニケーションを通じて最新事例や、商品・サービスを紹介し、世界中の参加者やパートナーとの関係構築を進め、「ゼロイベント」実現に向けた取り組みを加速させていきます。

このページの先頭へ戻る