ENTRY

JOB

職種紹介

オムロンヘルスケアは「地球上の一人ひとりの健康ですこやかな生活への貢献」をミッションとして掲げています。このミッションを実現するために、さまざまな職種が関わり合って社会課題の解決に取り組んでいます。下記は、その職種の一例です。

  • 学術開発

    ミッション実現のためには、商品の臨床的な価値の向上や、必要な「インデックス(医療指標)」を開発することが欠かせません。志を共有する世界中の医師や研究者と課題の解決に取り組み、エビデンスの確かな価値を世の中に提供しています。

  • 薬事戦略立案

    世界に向けて販売する革新的なデバイスの開発の薬事・医療機器規制の許認可取得と維持、およびグローバルでの推進体制の構築することを目指し、海外、国内における医療機器の薬事等の許認可戦略を立案します。

  • 技術開発

    ミッション実現のためにどのような技術を推進することが必要か。生活者の健康習慣や意識を変えるにはどんなソリューションが必要なのか。唯一の正解のない問いに、技術を開発することで答えていきます。

  • 商品開発

    アイデアをカタチにしていくために、メカ・エレキ・ソフトウェアの専門家がチームを組んで設計していきます。ただ「創るため」ではなく、正しく「使っていただく」ためのこだわりが必要です。

  • 生産技術

    商品は、一つだけ完成させても意味がありません。適切な価格とスピードで世界中の人々へ届ける「ものづくり」を実現するのが生産技術の仕事です。

  • 商品企画

    世界中の人々の健康に貢献するために、私たちができることは何か? 世界各国の生活者ニーズやマーケットの情報をもとに、関係部署と折衝しながら商品を具現化していきます。

  • 営業

    届けたいのは、商品のスペックや値段ではなく、それを使っていただくことで人生が好転していくような「価値」。どうすれば届けられるのか、顧客の課題を解決するための戦略立案から実行までを手掛けます。

  • デジタルマーケティング

    オウンドメディア、SNS、Eコマースなどのデジタル領域において、生活者と接点を持ち、自社の商品やサービスの本質的な価値を伝えることを通じて、短期および中長期の顧客獲得(売上拡大)することが主な役割です。

  • アプリ開発プロジェクトマネジメント

    各国ごとに要件が異なる医療機器規制を理解し、都度変化するルールに対応しながら、医療機器に該当する新たなアプリケーションソフトウェアの開発をマネジメントしていく役割です。

  • データ基盤構築エンジニア

    データヘルスケア事業に必要なアプリ、関連システムの企画・開発・運用を行うチームにおいて、アプリ開発の知識に加えてクラウド(AWS)、関連する新規技術の知識を活かし、プロジェクトを推進します。