募集中のポジション

サービスシステム開発

中川Nakagawa

2020年キャリア

中川 Nakagawa中川 Nakagawa

PROFILE

システムエンジニアとしてシステム開発やデジタルサービス構築に携わってきた中川。オムロン ヘルスケアへは前職でのサービス構築のプロジェクト経験や、海外とのプロジェクトコミュニケーション経験を生かして事業のドライヴに貢献できると思い入社。現在は広範囲の業務を担い、数年後を見据えたアーキテクチャ戦略を描き、他部門や海外拠点の理解・協力を得てサービス実現を目指している。

RPMへの関わりRPM Work

要件定義を軸に、最良のシステムを
開発できるようコントロール。

RPMへの関わりRPM Work

サービスシステム開発の役割は事業戦略をもとにシステム要件を定義し、目指すカタチ通りに開発が進むよう管理していくことが主になります。もう少し具体的に言うと、クラウドサービスをどのように活用するかの決定であったり、医療施設や医療従事者の立場に立ってシステムに必要な機能を決めたり、事業開発部門・企画部門と開発委託先の間に立ちプロジェクトを推進する立場にあたります。オムロン ヘルスケアはシステムベンダーではなく事業会社なので、基本的に開発は外部への委託になりますね。RPM サービスを開発するにあたって、特に気をつけていることはまずセキュリティです。患者さんの健康情報を扱うので高度なセキュリティが求められ、システムを導入する国や医療従事者の要求に応えるのはハードルが高く、しかも国によって個人情報の扱い方に違いもあります。そのため、薬事や個人情報保護を担当している部署との連携は欠かせませんし、違いを理解しながらグローバル展開をしていく必要があります。また、システムに不具合が生じると人々の治療や健康に影響を与えてしまうので、品質に対する責任感はかなり強く持っていますね。

仕事で心がけていることKeep in Mind

仕事で心がけていることKeep in Mind

大切なのは全体最適を図りながら
設計開発すること。

できるだけスリムなカタチでシステムを構築していくこと。これが意識している点です。まずはサービスを最小限絶対必要な機能を揃えたうえで市場に出せば、その後出てくるお客様の声を取り入れやすくなるので。ローンチ前でも現場の医師などからさまざまなフィードバックや要望を受けますが、その要望が全体最適なものか部分最適なものかは見極めなければいけません。たとえば「この患者さんは年に一回調べなければいけない数値があるので、その数値を表示できる機能を入れてください」といった要望があるとします。ただ、その声を反映してしまうと、年一回しか使われない機能のためにアップデート毎の検証が必要になり、開発期間もコストもかかるのでシステム全体を見渡して判断しなければいけないのです。これはシステムをグローバルに展開する際も意識するポイントですね。国によって医療ガイドラインが異なるため、同じシステムを100%流用することはできません。なるべく国ごとに特化しすぎないカタチに構築して、他国でサービス展開を始める際に既存の資産を活用できるよう設計開発していくことが大事になると考えています。

求める人材Ideal Candidate

戦略構築を担いたいなら、
やりがいのある環境。

求める人材Ideal Candidate

私が所属している部門では他部署の方々と連携する機会や、開発要件を委託会社にインプットする機会が多いので英語を含むコミュニケーションスキルはマストですね。また、人材としては特定の領域のスペシャリストより、ジェネラリストが求められていると思います。最終目標を見据えて全体を俯瞰し、何をするべきか自ら考え、最良のシステムを実現できる方ですね。業務領域が明確になっている方が面白いと感じる方もいると思いますが、複数のサービスが動くなかでどう効率的に実行できるか裁量を持って戦略構築するのにやりがいを感じるならチャレンジしがいがあると思います。裁量があるという点では、RPM事業はオムロン ヘルスケアのなかでも新しい事業なのでベストだと思う方法や工程を提案できますし、組織として積極的に挑戦する姿勢を歓迎する雰囲気やカルチャーが根付いています。開発フェーズの中流工程以降を主に担っていた方でも、上流工程や全体の戦略構築のスキルを身につけることができるので、キャリアアップを目指しているなら魅力的な環境ではないでしょうか。

  • *1Remote Patient Monitoringの略。患者さんが家庭で計測した血圧などのバイタルデータを医師と共有し、タイムリーな診察・治療につなげるサービス