vol.67

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

高血圧と診断されたところ、知人から「血液がドロドロだから高血圧になるので、水をたくさん飲むといい」といわれました。水分を多く摂取すると高血圧の治療になるのでしょうか?

A回答

血液の粘りが強いと血圧を上げる一因になりますが、高血圧の原因はそれだけではありません。過度の水分摂取は害になる場合もあるので、適度な水分摂取を心がけましょう。
血液がドロドロあるいはサラサラという状態の医学的定義ははっきりしていませんが、血液の粘り(粘度)ととらえた場合、粘度が高いと血液を体中に送るために強い圧力が必要となり血圧が上がる一因になることがあります。しかし、高血圧の多くは、様々な原因が重複して特定不能な本態性高血圧といわれるものなので、一概に水分を取ればよいというわけではありません。また、腎疾患などを合併している場合には、過度の水分摂取は害になるので適切な水分摂取量を医師に確認しましょう。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る