vol.89

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

高血圧症なのですが、妊娠を希望しています。どのくらいの血圧なら、母子ともに健康な出産ができるでしょうか?

A回答

血圧が140/90mmHg以下で、良好な妊娠経過と出産が可能とも言われていますが、高血圧専門医と産科医によく相談し、妊娠計画を立てることが重要です。
血圧値だけでなく、降圧剤を2剤以上服用している、臓器障害を伴っている、高齢出産(35歳以上)、肥満や糖尿病を合併している、などのいずれかが当てはまる場合は注意が必要です。妊娠時や授乳時には服用を避けた方がいい降圧剤も多くあり、現在、降圧剤を服用している人は薬が変更になることもありますので、医師の指示に従って治療を進めるようにしましょう。
なお、妊娠に関係する高血圧症として、妊娠20週以降にはじめて高血圧(収縮期血圧140mmHg以上もしくは拡張期血圧90mmHg以上)が発症し、分娩後12週までに正常に回復するものもありますが、これは「妊娠高血圧症候群」と定義され、上記のようにもともと高血圧症の方が妊娠するケースとは区別されます。
いずれにせよ、妊娠中の高血圧は特殊な条件下での高血圧ですので、医師とよく相談し、妊娠計画を立てるようにしましょう。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る