皮膚赤外線体温計をお使いの皆様へ

本製品は医療機関・学校・施設等の検温スクリーニングに適した商品です。
現在のところ個人のお客様向けの販売は予定しておりません。
一般家庭での毎日の検温には他の機種をおすすめします。

商品の特長

直接肌に触れることなく約1秒で額の皮膚温度を測定できる体温計です.

人体から放射される赤外線をセンサでとらえ、舌下で測定した体温に換算した値を表示します。

  • 肌に触れずに測定できるので衛生的。
  • 医療機関・学校・施設など多くの人を対象とした検温が簡単におこなえます。
  • 25回分の検温データを保存。

正しい使い方

使用手順

  1. [ON/MEM]を押す
  2. 顔」マークが点灯したら検温準備完了
  3. 額の中心から指2本分(約3cm)あけて本体をもつ
  4. [START]を押すとピーと鳴って約1秒で検温終了

  • 体温計は額に対して平行にします
  • 体温計と額の距離は離しすぎたり、近すぎたりしないでください
  • 額以外では正しく検温できません
  • 身体を動かさないでください
  • 前髪はあげてください

連続して測るとき

集団検温や連続して測るときは測定後、「ピピッ」と音が鳴ってディスプレイのバックライトが消灯した後、再度「START」ボタンを押し、「顔マーク」が点滅から点灯に変わるのを確認してください。(5秒程度かかります)
こちらで次の検温準備が完了です。「START」ボタンを押して測定してください。

2回目以降の測定では、前回の測定値が右上に、今回の測定値が中央に表示されます。

使い終わったら

ディスプレイに「OFF」と表示されるまで[ON/MEM]ボタンを長押ししてください。

「OFF」と表示された後、室温が表示されます。

本製品は、温度を測定していないときは常に室温が表示されます。

ご使用時の注意

  • 屋外での使用はお控えください。太陽からの赤外線も一緒にとらえてしまいます。
  • 体温計を長く握りしめないでください。
  • 体温計を実際に使用する場所の室温になじませてください。
  • プローブレンズは常にきれいにしてください。
  • 測定の前に、直近30分以内に入浴や運動をしていないこと、安定した環境で5分以上経過していることを確認してください。
  • 額以外の部位で、体温測定はできません。
  • わき下での測定に比べて高く表示される場合があります。
  • 本製品は体温の目安として使用し、必要な場合は、わき下など他の機種での測定をおすすめします。

学校などでお子様に使用するときの注意事項

  • 登校又は運動直後など汗をかいている場合は、汗で額が冷えています。安静にし、汗が引いてから測定してください。

詳細な使用上の注意事項は、「ご使用の前に必ずお読みください」、または「取扱説明書」をご覧ください。

※本体温計は精密機器になりますので、保管及び取り扱いは十分注意してください。

資料ダウンロード

ご使用中の不明点やご使用前の注意点など詳しく知りたい方は、下記より取扱説明書などを、PDF形式でダウンロードいただけます。

このページの先頭へ戻る

このページは、皮膚赤外線体温計に関して、
医療機関・学校・施設向けの情報提供を目的としております。
申し訳ございませんが、一般の方はご遠慮くださいますよう、お願い致します。

医療機関・学校・施設関係者の方は「はい」のボタンを、
一般の方は「いいえ」のボタンをクリックしてください。