もっと知っておきたい血圧のこと知ってほしい高血圧の恐ろしさ

高血圧が引き起こす疾病

高血圧とは

血圧は、からだを動かしたり、寒さを感じたりするなど、ちょっとしたことで上昇します。こうした一時的な血圧上昇は、高血圧とはいいません。高血圧とは、「安静状態での血圧が慢性的に正常値よりも高い状態」、つまり高い血圧が持続する状態のことです。高血圧になると血管に常に負担がかかるため、血管の内壁が傷ついたり、柔軟性がなくなって固くなったりして、動脈硬化を起こしやすくなります。

高血圧が引き起こす疾病

高血圧が長く続くと、動脈が傷んで動脈硬化を引き起こし、さまざまな内臓の働きが衰えていくため、命にかかわる病気にかかりやすくなります。また、糖尿病や認知症の発症・進行にも高血圧が関係することも知られています。

高血圧と動脈硬化が引き起こす主な病気

脳血管疾患
脳の血管が動脈硬化でもろくなり、破れて出血を起こす「脳出血」や、脳の血管が詰まってその先へ血液が流れないことで脳の細胞が死んでしまう「脳梗塞」など。
心臓病
冠動脈の血流が悪化し、心臓が一時的に酸欠状態になることで、発作的に胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす「狭心症」や、冠動脈の血流がほとんど止まってしまい、酸欠から心筋の一部が壊死するほど悪化した「心筋梗塞」など。
腎臓病
体の内の毒素や老廃物の除去、水分の調整といった腎臓の働きが悪くなる病気。
高血圧が続くと腎臓機能が低下し、腎臓機能が悪くなると高血圧をまねくという悪循環がみられる。
PAGE TOP