血圧計を知り ただしくつかう正しいつかいかた

正しい測定方法で正確な血圧値

血圧は、時間や測定環境、測定状況など、さまざまな要因で変動します。
また、正しい測定方法でない場合、正確な血圧値は得られません。
正しく測定し、血圧の変化を記録しましょう。

測定のタイミング

血圧は一日の中でも時々刻々と変化しています。日本高血圧学会は、起床時と就寝前(寝る前)の毎日決まった時間帯に測定することを推奨しています。
起床後は、起きて1時間以内、トイレをすませ、服薬・食事前に測定します。
就寝前は、入浴後1時間以上時間をあけて測定しましょう。

  • [起床後1時間以内]

    起床後1時間以内
    排尿後
    朝食前
    服薬前(降圧剤を飲んでいる場合)
    1~2分安静にしてから
  • [就寝前]

    就寝前
    1~2分安静にしてから

血圧を測る5つのポイント

POINT1リラックスして測りましょう

血圧は、直前の身体や精神状態の影響を受けます。イライラしていたり、緊張していたりしては、正確な血圧値を知ることはできません。血圧を測る前に、1~2分の安静時間を設けましょう。楽な姿勢で座り、5~6回深呼吸をすることもおすすめです。

POINT2排尿、排便はすませましょう

排尿、排便をすませて数分経ってから、または、尿意・便意のないときに測定しましょう。

POINT3座った姿勢で、カフ(腕帯)を正しく巻いて測りましょう。

正しい姿勢を保つこと、カフを正しく装着することは、血圧測定で最も大切なポイントです。椅子の背もたれに軽くもたれ、足を組まず、リラックスして座ります。測定部位(上腕や手首)が心臓の高さ(乳頭の位置)になるよう、机が低い場合は本やクッションなどで調整してください。
カフは、巻き終わった時に、すき間ができないようにぴったりと巻きます。

POINT4毎日同じ時間帯に測りましょう

血圧は長期的なデータにこそ意味があります。一日のうちで最も安定した状態が保てる時間帯を選んで、毎日できるだけ同じ時刻に測定しましょう。

POINT5寒すぎたり熱すぎたりしない部屋で測りましょう

室温20℃前後に保った部屋で測定しましょう。

正しいカフの巻き方

上腕式血圧計

CHECK.1素肌か薄手の肌着の上に巻く
素肌か薄手の肌着の上に巻く

カフは、素肌か薄手の肌着の上に、すき間ができないようにぴったりと巻きます。セーターなど厚手の服は、腕まくりをせずに脱いでから測定してください。

CHECK.2エアチューブは手のひら側
エアチューブは手のひら側

エアチューブを手のひら側にして、腕の中心にくるように位置を調整しましょう。

CHECK.3カフを巻く位置
カフを巻く位置

カフがひじの関節部にかからないように、ひじの内側のくぼみから1~2cm上に巻きます。

手首式血圧計

CHECK.1素肌の上に巻く
素肌の上に巻く

カフは、素肌の上に、すき間ができないようにぴったりと巻きます。

CHECK.2巻きやすい方の手首に巻く
巻きやすいほうの手首に巻く

カフは、巻きやすい方の手首に巻いてください。ただし、左手首と右手首では、測定値が異なる場合があるため、いつも同じ手首で測りましょう。

CHECK.3カフを巻く位置
カフを巻く位置

カフが手首の骨にかからないように、手首と手のひらの境目から1~1.5cm離して巻きます。

正しい測定姿勢

上腕式血圧計(腕帯巻きつけタイプ)

上腕式血圧計(腕帯巻きつけタイプ)

上腕式血圧計(全自動タイプ)

上腕式血圧計(全自動タイプ)

手首式血圧計

手首式血圧計

動画で見る血圧計の使い方

上腕式血圧計(フィットカフタイプ)
上腕式血圧計(軟性腕帯タイプ)
手首式血圧計(HEM-6320/6310/HEM-6220シリーズ)
手首式血圧計
PAGE TOP