OMRON All for Healthcare

2017.02.16

血圧計、低周波治療器など5製品が「iFデザイン賞 2017」を受賞

LINEで送る 年度別一覧に戻る

オムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲)の「上腕式血圧計 HEM-7600T」、「温熱低周波治療器 HV-F311」、「音波式電動歯ブラシ HT-B315・HT-B313 メディクリーン」、「血圧脈波検査装置 HBP-8000」、「低周波治療器 HV-F013」が、ドイツの「iFデザイン賞2017」を受賞いたしました。

「iFデザイン賞」は、ドイツの「iF International Forum Design GmbH」が開催する、世界的に権威のあるデザイン賞のひとつです。世界各国から応募された製品やサービスを対象に、独創性や革新性、美しさ、性能、使いやすさ、品質、価格、環境への配慮など、多角的な視点から優れたデザインが選定されます。本年は、世界59ヶ国から5,500点以上の応募があり、58名のデザイン専門家により受賞製品が選出されました。

当社では、「iFデザイン賞」は2007年度から11年連続での受賞となります。
今後も、「ヒトを想うカタチ。」をデザインコンセプトに使用者の目線での商品開発を追求し、使いやすさと精度を重視した製品で日々の健康づくりに貢献していきます。

受賞内容

「iFデザイン賞 2017」

受賞製品

・上腕式血圧計 HEM-7600T

本体・カフ(腕帯)一体型の上腕式血圧計。本体に腕を通して装着し、測定ボタンを押すだけで、スムーズに測定を行うことができます。カフは内部構造の改良により、腕に巻いたときに、正しい位置から左右にずれてしまっても正確に測定することができるので、装着の向きを気にせず、右腕にも左腕にも、どちらの腕にも簡単に装着することができます。
チューブレスなので、テーブルなどに置いていても邪魔にならず、血圧が気になった時にすぐに測定することが可能です。2017年3月1日発売予定。

  • 日本では、2016年度グッドデザイン賞を受賞

・温熱低周波治療器 HV-F311

温熱治療と低周波治療を1台で行うことができる温熱低周波治療器。約41℃の温熱治療と、微弱な電気による低周波治療を交互に行うことで、痛みやコリをほぐし、自宅でリラックスしながら治療を行うことができます。自宅以外にも会社や旅行先など、いつでもどこでも電源を気にすることなく使用できる充電式を採用。ストレスなく使用いただくために、わかりやすいボタン操作、持ちやすい形状など、シンプルな使い勝手を追求しました。

  • 日本では、2016年度グッドデザイン賞を受賞

・音波式電動歯ブラシ HT-B315・HT-B313 メディクリーン

磨きにくい奥歯の奥までブラシを届きやすくした、独自形状の音波式電動歯ブラシ。ヘッドを持ち手の部分から11度屈曲させることにより、真っすぐな形状の歯ブラシでは磨きにくかった奥歯の奥までブラシが届き、最大33,000回/分の高速音波振動で、歯垢を効果的に除去します。

  • 日本では、2016年度グッドデザイン賞を受賞

・血圧脈波検査装置 HBP-8000

医療機関で動脈硬化検査を行う血圧脈波検査装置。左右上腕と左右足首にカフを巻いて動脈硬化を測定するPWV測定モードと血管の詰まりを測定するABI測定モード、左右の上腕の血圧差を測定する(血圧測定)モードの3つの測定モードがあり、幅広い診断行為に活用していただけます。

  • 日本では、2016年度グッドデザイン賞を受賞

・低周波治療器 HV-F013(アメリカ向け)

日常的なコリや痛みを家庭で手軽に治療を行うことができる、コンパクトな低周波治療器(アメリカで販売中)。3種類の部位選択モードと2種類のもみ方モードの計5種類のプログラム、10段階の強さ調節機能を搭載。誰もが使いやすいユニバーサルデザインを意識し、使いやすさを追求しています。

このページの先頭へ戻る