OMRON All for Healthcare

2012.07.10

vol.109 「夏風邪」をひかない生活を

LINEで送る 一覧に戻る

夏風邪とはどんな風邪?

Vol.109 「夏風邪」をひかない生活を 夏風邪とは夏にひく風邪のこと…そんなふうに簡単に思っている方が多いのではないでしょうか。ところが、夏風邪の原因となるウイルスは、冬に多いタイプとはまったく異なり、症状にも大きな違いがあります(※1)。
それを知らずに冬の風邪と同じ対処をしていると、こじらせて悪化させてしまったり、別の病気を引き起こすこともあるので注意が必要です。
では、夏風邪の原因ウイルスには、どのような特徴があるのでしょうか。一般に風邪のウイルスは、低温で乾燥した環境を好みます。その典型が、冬の風邪の原因となるコロナウイルスやRSウイルス、あるいは通常の風邪とは異なりますがインフルエンザウイルスなどです。
それに対して、一部のウイルスは高温多湿の環境を好み、夏に活動的になります。その代表がエンテロウイルスやアデノウイルスです。エンテロ(腸)、アデノ(ノド)という名称が示すように、発熱に加えて腹痛や下痢、ノドの痛みなどが特徴的な症状です。「夏風邪はお腹にきやすい」といわれるのは、主にエンテロウイルスが腸で急速に増殖するためです。
また、ノドの痛みは、咽頭炎などを引き起こし、食べ物や飲み物がノドを通らなくなることもあります。その結果、体力が低下して夏バテの原因にもなりかねません。
夏風邪というと、つい軽い風邪と考えがちですが、症状が長引きやすいので、油断できません。対処法や予防法をしっかり知っておき、こじらせないようにしましょう。

(※1)風邪の原因はウイルス以外にもありますが、90%はウイルスによるものなので、ここではウイルスを中心に説明しています。

夏風邪かなと思ったら

夏風邪と思われる症状がみられたら、どのように対処すればいいのでしょうか。
発熱があると、まず市販の解熱・鎮痛薬や風邪薬を使う人が多いはず。でも、腹痛や下痢がある場合、市販薬には胃腸障害や便秘を起こしやすいものもあるので気をつける必要があります。
とくに下痢は、ウイルスを排出するための症状でもあるので、風邪薬や下痢止め薬で便秘になると、症状が長引くことになりかねません。腹痛や下痢が続くときには、早めに受診して、適切な薬を処方してもらうことが大切です。
また、下痢を起こすと脱水症状にもなりやすいので、水分を多めに摂ること。とくに高齢の方は、発熱で体がだるいと脱水症状に気づきにくいので、定期的(1時間に1回程度)な水分補給を忘れずに。食事は揚げ物や炒め物はひかえ、おかゆや野菜スープなど胃腸にやさしく、ノドの通りの良いものを摂るようにしましょう。
ノドの痛みには、軽いうちなら「濡れマスク」も効果的。ノドは乾燥すると免疫力が低下し、ウイルスが繁殖しやすくなるからです。
ただし、夏風邪のウイルスは多湿で不潔な環境を好むので、マスクは早めに交換し、常に清潔なものを。また、ノドがかなり腫れて、飲み物などが通りにくいときは、早めに受診し、悪化させないことが大切です。
夏風邪の場合、少し高めの熱(38~40℃)が2~3日続くこともよくあります。そんなとき、ふとんをかぶって無理に汗をかいて治そうとする人がいますが、夏期には体力を消耗しやすいので要注意。水分を十分に摂ってぐっすり眠り、体力の回復を心がけましょう。

夏風邪の予防のために

夏風邪は、日常生活のなかのちょっとした注意で予防することができます。
たとえば夏風邪は、冬の風邪とは感染の仕方が違います。冬の風邪は咳やくしゃみによる飛沫感染が中心ですが、夏風邪の場合は経口感染が多くみられます。家族に患者がいる場合は、家庭内での手洗いやうがいを心がけ、とくにトイレや洗面所のタオルの使いまわしはしないこと。湿って汚れたタオルには、夏風邪のウイルスが繁殖しやすいからです。
免疫力の低下も、夏風邪の原因の1つ。炎天下での運動や外出、あるいは睡眠不足や不規則な食事が続いたとき、免疫力が急速に低下することがあります。とりわけ睡眠不足の影響は大きいので、「よく眠れていない」と感じたときは、昼寝をしましょう。仕事のある方でも、食後に喫茶店などで少し昼寝をするとリフレッシュできます(昼寝は15分程度が適当)。
また、エアコンを長時間使っていると、冷えすぎによるストレスから免疫力が低下します。自宅ではエアコンをときどき止める、会社や映画館などでは長袖や腹巻を着用して体の冷えを防ぐことも、夏風邪の予防につながります。
食事面では、発汗をうながし、免疫力を高めるショウガやニンニクを使った料理が、夏の体力維持にはピッタリです。食欲がなく、肉類などが重く感じられるときには、チーズやヨーグルトで動物性たんぱく質を補うようにしましょう。乳製品のたんぱく質には、免疫を活性化する成分が多く含まれています。

手足口病にも注意を

夏風邪と関連して注意したいのが、手足口病です。
変わった病名ですが、これは手や足、背中などに水泡ができる病気で、口の場合は口内炎がよくみられます。
手足口病の水泡は、赤くて米粒大ほどもあり、全身に出る人もいます。原因としては、夏風邪とつながりのある複数のウイルスが関係していると考えられています(※2)。
手足口病は、以前は子どもだけの病気と思われていましたが、最近は大人にもしばしばみられることが報告されています。子どもの場合は、ほとんどが軽症で済みます。ところが、大人の場合は痛みがあったり、高熱を発したりして、寝込むケースも少なくありません。症状は1週間ほどで治まりますが、仕事や日常生活にも支障をきたすので注意が必要です。
大人の手足口病は、その大半が子どもからの感染です。したがって夏風邪の子ども、あるいは手足口病の症状のある子どもがいる場合は、十分に注意しましょう。子どもの食べ残しを食べないこと、食器やタオルは別にすること。また、手足口病の場合は飛沫感染もあるとされるので、咳やくしゃみが出ている場合はマスクをさせて感染を防ぐ心がけも大切です。

(※2)夏風邪の原因となるエンテロウイルスは、腸管で増殖するウイルスの総称で、その中にはコクサッキーウイルス、エコーウイルスなど10種類以上のタイプがあります。そのうちの一部(複数)が、手足口病の原因とされています。


shadow
このページの先頭へ戻る