OMRON All for Healthcare

生産体制

高い生産力と最高品質を目指すこと。
つねに世界最高品質を維持しながら、生産力の向上に努めています。

日本・世界市場への供給拠点

松阪工場

<松阪工場>
オムロン ヘルスケアグループのマザー工場として、商品のコアとなるキーデバイスや医療機器を生産。「よりスピーディに、より高品質に、より安定的な商品を 供給する」ことをテーマに、高度な自動化・精密加工技術・品質管理力の向上に取り組んでいます。

オムロン大連

<オムロン大連>
全商品の約60%を生産するオムロン大連。血圧計は年間1000万台以上を生産しています。高品質な商品を「よりスピーディに、より低コストで」をテーマに、徹底した効率化で生産性向上に努めています。

Omron Healthcare Manufacturing Vietnam

<Omron Healthcare Manufacturing Vietnam>
家庭用血圧計生産の新拠点として2007年12月に操業。2012年4月には第2工場が操業開始しました。生産品目も順次拡大しています。

NS Indústria de Aparelhos Médicos LTDA.

<NS Indústria de Aparelhos Médicos LTDA.>
世界的に大気汚染によるぜん息、喫煙などによるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器系疾患患者が増加しています。呼吸器系疾患の治療に使われるネブライザをブラジルで開発・生産する拠点として、ブラジル市場拡大に取り組んでいます。

医療機器として信頼できる品質を提供します

医療機器として信頼できる品質を提供します

オムロン ヘルスケアでは2004年に品質保証に関する国際規格であるISO9001及び医療機器に関する品質マネジメントシステムの規格であるISO13485の認証を取得しました。また、松阪工場では1995年にISO9002を、1999年にISO9001を、2003年にISO13485を認証取得しました。さらに、オムロン大連では1996年にISO9002を、2004年にはISO9001及びISO13485を認証取得しました。私たちは医療機器メーカとしてグローバルで信頼できる品質を実現しています。

このページの先頭へ戻る