OMRON All for Healthcare

呼吸器系の病気についてのコラムまとめ

LINEで送る テーマ別コラムまとめ一覧に戻る
  • 風邪に似た「呼吸器の病気」に注意を

    風邪をひくことが多い季節です。ふつうの風邪なら3~4日で治りますが、もし咳や痰が続いたり、息切れするといった症状がみられたら要注意。肺炎やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、ぜんそく(喘息)などを起こしているケースがあるからです。 なかでも肺炎は、日本人の死亡原因の第4位を占めるほど多い病気です(※1)。...

    はじめよう!ヘルシーライフ
    詳しく見る
  • 油断できない大人のぜんそく(喘息)

    ぜんそくは子どもの病気…そう思っていませんか。ところが、子どものぜんそく患者が人口の7%程度であるのに対し、大人(成人)も3~4%を占めています。 大人のぜんそくの場合、子どものころのぜんそくが再発するケースもありますが、大半は成人してからの急な発症です。とくに40歳を超えてからの発症が、半数以上を...

    はじめよう!ヘルシーライフ
    詳しく見る
  • タバコを喫わないのに肺がん。なぜ?

    肺がんは現在、多くのがんのなかで男性では死亡原因の第1位、女性では第2位で、年間6万5000人もの方が亡くなっています。ほかのがん(胃がんなど)と比較すると、発見が遅れがちで死亡率も高く、その対策(早期発見、予防)が重視されています。肺がんの原因といえば、だれもがタバコ(喫煙)を第一にあげるでしょう...

    はじめよう!ヘルシーライフ
    詳しく見る
  • 肺炎は予防と早期発見が鍵!

    肺炎といえば、一般に「風邪をこじらせたりしたときに、起こりやすい病気」と思われがちですが、実際には加齢やさまざまな持病により、からだの抵抗力が低下したときに細菌やウイルスに感染することによって起こる病気です。そこで今回は、肺炎はどんな人がなりやすいのか、日常のちょっとした注意でできる予防法について紹介します。

    はじめよう!ヘルシーライフ
    詳しく見る
  • 死亡者の多い肺炎もワクチンで予防できる!!

    新型インフルエンザがいつ発生しても不思議ではない状況にあるとあって、毎年2000万人を超える人々がインフルエンザの予防接種を受けています。ところが、肺炎予防にもワクチンがあるのに、こちらは接種率わずか4%と極めて低い。高齢者では、インフルエンザから肺炎を合併し、死に至るケースが少なくありません。だか...

    健康・医療トピックス
    詳しく見る
このページの先頭へ戻る