OMRON All for Healthcare

心臓発作を起こさないために

日常生活で気をつけたいこと

狭心症や心筋梗塞の発作は、ちょっとした血圧の変動などが引き金となって起こります。
日常生活の中では、次のことに気をつけましょう。

入浴時や
トイレの温度差に
気をつける

温度差が大きな場所では、血圧が急激に上下します。すると心臓や血管に一時的に大きな負担がかかり、心筋梗塞などの引き金となりかねません。
その典型が、冬の浴室やトイレなどです。とくに浴室は、暖かいリビングから寒い脱衣場へ、そして再び熱いお湯につかるというように、大きな温度差をくり返し、血圧も変動しやすくなります。脱衣場を小型の暖房機で暖めておく、浴室は入る前にシャワーを出しておき、蒸気で暖めるなどの工夫をしましょう。また高齢になると、お湯の温度を感じにくくなるため、つい熱い湯に長く入ることが多く、それも心臓に負担をかける原因となります。湯温は40℃以下にしましょう。
トイレの場合には、冬の早朝に行くときにはカーディガンなどをはおり、靴下をはき、からだを冷気から守ることが大切です。

水分を
十分にとる

体内の水分が不足すると、血液がドロドロになりやすく、心臓発作を起こしやすくなります。とくに夏には十分な水分補給が必要ですが、マンションなどの気密性の高い住宅では一年中乾燥しやすいため、知らずに水分不足になっていることがあります。自宅にいるときでも、こまめにお茶や水を飲むことを心がけましょう。
また中高年になると、就寝中にトイレに行くことを嫌い、夜間には水分をひかえる人が少なくありません。就寝中にも汗などで水分が奪われるため、血液の流れが悪くなり、さらに早朝の血圧上昇などが加わると、心臓発作のリスクが高くなります。寝る前には、白湯を1杯飲むようにしましょう(冷たい水は胃を冷やすことがあるので注意)。なお、冬の夜間や早朝にトイレに立つときには、上記「入浴時やトイレの温度差に気をつける」の注意を忘れずに。

疲れを
ためない

仕事などが忙しく、疲れがたまっているときにも、心臓発作を起こしやすいので注意が必要です。忙しいと、食事がないがしろになり、アルコールやタバコの量が増えることが少なくありません。こうした行動は、からだの疲労を増加させ、発作のリスクを高くします。
疲れていると感じたときほど、食べすぎたり飲みすぎたりしないようにし、タバコの量も減らすように心がけましょう。またサプリメントなどを利用し、ビタミンB・C・Eを多めにとり、疲労回復を図ることも大切です。
忙しさから解放された直後の、ホッとしたときも要注意です。解放感から、つい飲みすぎたりすると、からだの疲れがまだとれていないため、心臓や血管に大きな負担をかけることになるからです。

夜更かしを
しない

睡眠不足が続いているときも、発作に注意する必要があります。とくに40歳をすぎた頃からは、若い頃と同じように夜更かししていると、からだに与えるダメージが大きく、心臓などへの負担となるので注意しましょう。

イライラしたり、興奮したりしない

せっかちな性格の人は、仕事でも日常でもついイライラしがちです。イライラは血圧を上昇させてしまいます。
また、テレビのスポーツ中継などで興奮したときにも、一時的に血圧が上昇し、危険なことがあります。イライラしたとき、興奮したときなどには、意識的にお茶を飲むなどしてホッと息を抜く時間をつくるようにしましょう。

緊張は
ほどほどに

ゴルフやゲートボールでは、パットとティーショットのときに心筋梗塞を起こす人が少なくありません。緊張して息を止めるため、一時的に血圧が上がるからです。スポーツでも仕事でも、ある程度の緊張は必要ですが、どんなときでも意識的に深呼吸をするなどして肩の力を抜くコツも知っておきましょう。


ワンポイントアドバイス

高齢者の場合、とくに注意したいのは冬の入浴中の心臓発作です。ちなみにほかでは、脳梗塞などの脳血管系疾患は約15%、水死が11%です。このことからも入浴中の心筋梗塞には、十分な注意が必要なことがわかるでしょう。お年寄りが入浴中には、家族が途中で声をかけるなど、気をつけてあげることも大切です。


shadow
このページの先頭へ戻る