OMRON All for Healthcare

vol.170 「便失禁」の原因と治療を知ろう

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.170 「便失禁」の原因と治療を知ろう

通勤途中、便意を感じて急いでトイレに駆け込んだが間に合わなかった。我慢しきれず下着を汚してしまった……。便失禁は、一度だけの経験でも自尊心が深く傷つきます。排便の悩みは生活の質(QOL)に関わる大きな問題ですが、これまでは疾患として取り上げられることは、ほとんどありませんでした。このような状況が、国内初となる「便失禁診療ガイドライン」(2017年3月発行)の登場によって、変わり始めています。

稀な病気ではない便失禁

便失禁は、無意識または自分の意志に反して肛門から便が漏れる症状と定義されています。有病率の調査では、65歳以上の約6~8%に便失禁があり、決して稀ではありません。ガイドラインの作成委員を務めた東京山手メディカルセンター大腸肛門病センターの山名哲郎部長は、「便失禁を診療している病院は、全国に数えるほどしかありません。特定の医療機関でなくても、大腸肛門の専門医以外でも、適切に便失禁の診療ができるようにしたいというのが、このガイドラインを作った目的です」と話します。

加齢以外にもさまざまな原因がある 

便失禁は、我慢しきれずに便が漏れてしまう「切迫性便失禁」、気づかないうちに便が漏れる「漏出性便失禁」、両方が混在する「混合性便失禁」などに大きく分けられます。その中で最も多いのは、高齢者の漏出性便失禁です。加齢によって排便に関わる肛門括約筋の機能や直腸の感覚が低下し、便意を感じにくくなることが原因です。それ以外にも便失禁にはさまざまな原因があり、高齢者だけとは限りません。主な原因を知っておきましょう。

◆出産後の後遺症
出産時に会陰裂傷を起こすと肛門括約筋の機能が低下し、出産後、切迫性便失禁になることがあります。また、出産時に骨盤底の神経が引っ張られ、麻痺によっても生じます。

◆大腸の手術の後遺症
直腸がんの手術では、肛門括約筋ぎりぎりまで切除することがあります。その影響によって、術後、便失禁を起こすことがあります。

◆痔の手術の後遺症
肛門に膿の管ができる複雑な痔ろうでは、手術で取り除いた後、肛門括約筋が損傷して便失禁が起きることがあります。

◆脊髄の損傷
事故や術後の後遺症による脊髄損傷、二分脊椎などの先天性の脊髄疾患では、脊髄から骨盤につながる神経が麻痺し、便失禁などの排便障害を起こすことがあります。

◆腸の病気
過敏性腸症候群や炎症性腸疾患など、慢性的に下痢を繰り返す腸の病気では、便失禁の症状が現れることがあります。

◆糖尿病、脳梗塞、認知症
発症することによって便意を感じにくくなったり、便意を認知しなくなったりして便失禁の症状が現れます。

薬で改善することが多い便失禁

便失禁は、肛門をすり抜けて便が漏れ出る状態です。通常は、そうならないように肛門括約筋が収縮したり、ゆるんだりして調節しています。しかし、肛門括約筋の機能が低下したり、直腸の感覚が衰えて便意が鈍くなったりすると便失禁を起こしやすくなります。
このような便失禁は薬で改善することが多く、初期の治療では、ポリカルボフィルカルシウムという薬がよく用いられます。この薬は便の中の水分を吸収して、まとまった形にする効果があります。漏出性便失禁では、軟便やコロコロした形状の便が多く、そのために便が残って漏れ出しやすくなります。薬を服用すると便の形が安定して漏れにくくなり、またすっきりと排便できるため肛門や直腸にも残らず、症状が改善するということです。

外科的な治療で改善することも

薬でよくならない場合は、専門的な治療が必要になります。出産後の後遺症による便失禁では、裂傷した肛門括約筋を縫合する「括約筋形成術」が行われます。また、仙骨神経刺激療法は、2014年に保険適用になった新しい手術法です。骨盤にある仙骨の孔に電極を埋め込み、刺激することで神経を活性化させます。この手術は、すべての便失禁で適応になりますが、手術の前に2週間体外から刺激をして、効果がある人のみ刺激装置の埋め込みを行います。治療した8割に効果があり、便失禁の回数が半数に減るといわれています。

症状があったら諦めずに相談を

便失禁の治療は海外では積極的に行われており、外科的な治療も選択されています。しかし、日本では新しい治療が導入されにくく、治療できることもあまり知られていないと山名部長は指摘します。「尿失禁は治療できても、便失禁はできないと思っていませんか。便失禁も治療できる、ということを知っていただきたい。もう年だから、しかたがないと諦めないで、症状があったら医療機関に相談してほしいと思います。ガイドラインをきっかけに、まずはそこを変えていきたいのです」。

監修 東京山手メディカルセンター 大腸肛門病センター部長 山名 哲郎先生


shadow
このページの先頭へ戻る