OMRON All for Healthcare

メタボリックシンドロームって何?

メタボリックシンドロームはこんな病気

肥満の人は、高血圧や糖尿病、脂質異常症といった病気を起こしやすい傾向があります。しかも患者さんの中には、このうちの複数の病気を併発している人が少なくありません。
実は肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症の4つには、互いに重なり合って発症しやすい密接な関係があります。とくに肥満(内臓脂肪型肥満)が進むと、ほかの3つの病気も悪化し、併発しやすいのです。

もし併発すると、相乗的に動脈硬化を促進し、心筋梗塞などを起こす危険性が非常に高くなります。
肥満に加え、どれか1つが重なると冠動脈疾患(心筋梗塞など)のリスクが10倍に、2つ以上が重なると30倍にもなります。4つすべてが重なると、「死の4重奏」ともいわれるほど危険な状態になります。

メタボリックシンドロームとは、このように肥満をベースにして、高血圧、高血糖、脂質代謝異常(LDLコレステロールや中性脂肪が多い状態、またはHDLコレステロールが少ない状態)のうちの、いくつかの危険因子をあわせもった状態をいいます。

Lesson2 お腹が出てきたら気をつけようarrow

shadow
このページの先頭へ戻る