血圧を知るもっと知っておきたい血圧のこと

“サイレントキラー”高血圧について知ろう
~脳・心血管疾患を防ぐために~

高血圧は、「サイレントキラー」と呼ばれています。その恐ろしい呼び名は、どこからきているのでしょうか。
現在、日本には高血圧の方が約4,300万人いると試算されており、そのうち、少なくとも1度通院した患者は、約40%といわれています。つまり、健康に対する国民の意識が高い日本でも、高血圧を放置している人が60%もいるのが現状なのです。
これは、高血圧そのものに、自覚症状がないというのが大きな理由と考えられます。しかし、症状がないからといって治療を受けずに放置していれば、さまざまな合併症を引き起こし、最終的には脳卒中や心筋梗塞、腎不全などを発症して死に至ることもあります。それが、高血圧が「サイレントキラー」といわれるゆえんです。

血圧に起因する、脳・心血管疾患を予防するには、一人ひとりが意識を高め生活習慣を改善しなくてはなりません。
たとえば、日常生活のなかで、「家庭血圧」を測り、治療や日々の健康管理にいかすこと。「家庭血圧」の重要性は、日本高血圧学会をはじめ、世界中の学会で認められています。家庭で測った「家庭血圧」の値を毎日記録し、病院に行った際に見せることで、医師は「家庭血圧」と病院で測った血圧値やその他の情報をもとに、より正確な診断や治療をおこなう材料にすることができます。今からでもすぐにはじめましょう。
※NPO日本高血圧改善フォーム調べ(2012年)

血圧についての基礎知識~血圧って、いったい何?~

血圧とは

私たちの体は、60兆もの細胞からなり、その一つひとつの細胞の営みによって生命が保たれています。これらの細胞が正常に働き、新しい細胞に生まれ変わるためには、常に酸素と栄養素が必要となります。それらを、常に体のすみずみの細胞に送り届け、不要になった老廃物と炭酸ガスを回収して運ぶ重要な役目をしているのが「血液」です。心臓は、一日におよそ10万回も収縮と拡張をくりかえし、血液を送り出しています。送り出される血液は、体のすみずみまで行き渡るように、心臓によって圧力を加えられ、血管の中を進みます。そのとき、血液に加わる圧力を「血圧」といいます。血圧は、心臓が収縮して血液を送り出す間に最も高くなり(最高血圧)、心臓が拡張して次に送り出す血液をためこむ間に最も低くなります(最低血圧)。

血圧とは
PAGE TOP