冷え性なのですが、姿勢が良くなることで改善されますか? | オムロン式美人

冷え性なのですが、姿勢が良くなることで改善されますか?

はい。正しい姿勢を保つときに働く「姿勢筋」を使うことで代謝がアップ。血行も良くなり、冷え性の改善につながります。

女性の冷えの特徴として、もともと筋肉量が少ないことや血行が悪いことなどが原因として考えられます。働く女性の場合は、長時間のデスクワークで同じ姿勢をとり続けることで、血行不良に陥っているケースも多いようです。  筋肉というのは、〝体の熱を生み出す場所〟。ですから、運動不足やダイエットで筋肉を落としてしまった人も、冷え性になりやすいですね。
姿勢と冷えとの関係ですが、良い姿勢を保つには、筋肉(姿勢筋)が必要です。背中でいうと脊柱起立筋、ほかにお腹の腸腰筋、太腿の大腿二頭筋なども姿勢を保つために使われている筋肉です。こうした「姿勢筋」は、地球の重力に抵抗してカラダを支えているので、「抗重力筋」と呼ばれることもあります。
脊柱起立筋は大きな筋肉なので、これを使うと代謝(安静時代謝:座って安静にしている状態で消費される エネルギー量)も上がり、冷え性の改善につながります。逆に、楽な姿勢ばかりしている人は、姿勢筋がさぼっている状態なので、筋肉は衰える一方で、代謝も悪くなってしまいます。
冷え性を改善するには、正しい姿勢を意識すること(=姿勢筋を使うこと)が肝心。併せて、運動不足などの生活習慣も見直しましょう。

◇姿勢筋=抗重力筋とは?
地球の重力に対して姿勢を保持するために働く筋肉の総称のことです。

その他のライフスタイルに関するQ&A

pagetop