睡眠不足はからだの冷えに影響しますか。 | オムロン式美人

睡眠不足はからだの冷えに影響しますか。

冷えは眠りを妨げます。また逆に、睡眠不調が冷えを招くことがあります。入浴や温めケアで、良質な睡眠をとるように心がけましょう。

夜になると、人のからだは手足から放熱することで深部体温を下げ、“休息モード”に切り替わるようにできています。冷え性の人は、この体温調節がうまく機能しないために、寝つきがわるい、眠りが浅いなどの睡眠不調に陥りやすい傾向にあります。
眠りには自律神経も関係しています。本来、夜には、活動モードの「交感神経」優位から、リラックスモードの「副交感神経」に切り替わりますが、からだが冷えていたり、寝る直前までスマホを操作していたりすると、交感神経が優位に働き続け、なかなか寝付けないということに……。ストレスフルな生活を送っている人も要注意です。良質な睡眠がとれないと、血巡りが悪くなり、体がますます冷えてしまう悪循環に陥ります。
夜はゆっくりと入浴し、足が冷えないうちに布団に入ること。マッサージは短めに。寝る直前に緊張するようなことは避けましょう。

その他のライフスタイルに関するQ&A

pagetop