二十四節気 | オムロン式美人

二十四節気

四季のリズム二十四節気とは?

一つの季節が六つに分かれた「二十四節気」は日本で古くから使われてきました。現代の体のケアにこそ、この養生法が役立ちます。

あなたは「二十四節気」という言葉を聞いたことがありますか。昔の人々は、月の満ち欠けをもとにした太陰暦(旧暦)を使っていました。しかし、太陽の周期と合わず、暦と実際の季節にズレが生じたため、太陽の動きをもとにした考え方として「二十四節気」が生まれたのです。
四季は、地球が一年かけて太陽を一周する動きによってもたらされています。太陽の高さが最も高くなる「夏至」と低くなる「冬至」、その間の「春分」と「秋分」をはじめ、一年を二十四等分した季節が作られました。太陽の黄道上の位置に対応した季節変化なので、実際の天候ともあまりズレがありません。
この「二十四節気」という自然の変化に合わせてオムロン式美人では、生活の営みやセルフケアを行うことを提案しています。自然の変化や旬を知ることで、暮らしをより豊かにすることができます。季節に合わせたケアには、体が素直に反応するのです。より美しく、より健康になっていきましょう。

二十四節気
春

目覚めと排出の季節

暖かくなる春は、あらゆるものが目覚める季節です。そのため冬に隠れていた症状も現れて排出されやすくなります。また、花粉やホコリなどのアレルゲン、新生活のストレスなどで、心身が過敏になる季節でもあり、胃腸や肝臓、腎臓の不調が起こりやすくなります。体調を見極め、無理のない生活をしましょう。

  • 立春
  • 雨水
  • 啓蟄
  • 春分
  • 清明
  • 穀雨
夏

芽が伸びていく季節

暑さで大量に汗をかく夏。春に芽吹いた活動が盛んになる時期です。心臓や小腸の働きが活発になります。しかしその一方で、冷房の過度な使用で現代人の体は冷えがちです。体が本来の働きを発揮できるように、夏に体を冷やしすぎないことが肝心。夏に疲れをため込まないことが、秋冬の体調維持につながっていきます。

立夏 りっか

新暦:5月5日~5月20日ころ

暦の上での、夏のスタート。爽やかな気候の多い、過ごしやすい時期。北日本以外では、新緑が色濃くなります。立夏を迎えると、内臓の働きが活発になるため、エネルギーや栄養が必要とされます。この時期は時に丹田を意識した呼吸法で、心も体も整えてみませんか。丹田とは、へそから指3、4本下にあり、気をためるところと言われています。ここに力を入れて、体内のものを出し切るようなイメージで思い切り息を吐き、吸うときにはエネルギーを取り入れるイメージで。

小満 しょうまん

新暦:5月21日~6月5日ころ

麦の穂など、草木が実をつけ始める時期。陽気がよくなり、植物が生長するエネルギーが満ち始めることから「小満」といわれています。気温が上がり、汗をかくのが気持ちいい時期。体が汗を出そうと血管が広がるため、この時期は血液を浄化して血管を丈夫に保つよう心がけましょう。これがエイジングケアにつながります。血をきれいにするには腎臓ケアがおすすめ。腎臓は血液をろ過して、老廃物や余分な塩分を尿として排出する臓器。体の水分量を調整する機能も備えています。その腎臓の経絡(エネルギーの通り道)は足の内側に流れています。

芒種 ぼうしゅ

新暦:6月6日~6月20日ころ

「芒」は植物の穂先の細い毛の部分のこと。「芒」のある穀物の種、つまり苗を植える季節。紫陽花の美しさを楽しむ季節でもあります。梅雨入りのころです。梅の実が熟して色づき、梅仕事に最適な時期でもあります。夏バテ予防の梅干しや梅酒、梅ジュースを仕込み、猛暑に備えましょう。汗が出るシーズンですが、毛穴が汚れて詰まっていると汗が出ず、にきびや抜け毛の原因にもなります。

夏至 げし

新暦:6月21日~7月6日ころ

満月のように、陽気が最も盛んな時期です。2021年の夏至は6月21日。北半球では太陽の高度が高くなることから一年で最も昼が長く、夜が短くなる日です。冬至と比べると、昼は約5時間も長くなります。自然に身をゆだねて、気を充実させたり、気持ちを高揚させるのにも適しています。太陽の恵みを体内に取り入れるためにも、旬の野菜や果物を積極的にとりましょう。

小暑 しょうしょ

新暦:7月7日~7月22日ころ

徐々に暑さが増してくる、夏を感じる時期。小暑から立秋までを「暑中」と呼び、この時期に送る葉書が「暑中見舞い」です。本格的な夏の到来に、体もいよいよ夏モードになる時期です。このころから立秋前までの期間を一般的に「土用」といいます。「土用」は、東洋医学でいう五臓の脾が弱りやすく、消化吸収とも関係があります。このバランスが崩れると、胃腸の写し鏡であるお肌にも疲れが現れやすくなるので、発酵食品を取り入れるなど内側からいたわるケアを心がけましょう。

大暑 たいしょ

新暦:7月23日~8月6日ころ

本格的な夏の到来。夏バテに要注意です。日本各地で、道路に水をまいて涼を得る「打ち水」のイベントが行われるこの時期は、一年で最も暑く、真夏日や熱帯夜が続きます。夏の疲れは胃腸に出やすいため、胃腸に負担をかける食べ物の取りすぎは控えましょう。また、熱帯夜の寝苦しい夜には、エアコンによる室温調整が大切ですが、体を冷やしすぎると、倦怠感や頭痛などの不調を引き起こす原因に。

秋

伸び伸びと活動する季節

農業では収穫の季節です。自分の“実り”を実感できるような時かもしれません。適度な運動や質のいい食事、睡眠を心がければ、よりエネルギーの満ちた体で活動できます。季節柄、台風などが来る日はあるものの、全体的には気温や湿度が快適で過ごしやすい時期。冬に備えて、風邪対策や冷え対策を始めるのもいいでしょう。

立秋 りっしゅう

新暦:8月7日~8月22日ころ

暑さは続くものの、暦では秋の始まり。夏特有の高気圧の力が弱まっていき、空には秋らしい雲が広がり始める時季です。秋といえども、残暑厳しく寝苦しい夜が続きます。「冷房は体が冷えるから苦手」という人は、頭部を冷やしてみてください。氷枕がおすすめです。その時、足首を中心とした足元は毛布などで温めることを心がけてください。いわゆる頭寒足熱ですね!血の巡りが悪いと代謝も下がります。

処暑 しょしょ

新暦:8月23日~9月7日ころ

「処」は止まるという意味で、暑さが収まるころ。一方で、この時期によくやって来るのが台風。暴風や豪雨に注意して過ごしましょう。季節の変わり目で、アレルギーが出やすい時期です。アレルギーの要因の多くは腸にあるといいます。食生活を見直し、腸内環境を整えましょう。家でストレッチなどをしてのんびり過ごすのもいいでしょう。

白露 はくろ

新暦:9月8日~9月22日ころ

早朝、草木の葉に白く光る露が見られるため名づけられたそうです。すすきの穂や高い空など、秋らしい景色を見つけられるはず。昼間は暑いものの、朝夕は涼しくなる時期です。冷えには十分に注意して過ごしましょう。冷えを長く放っておくと、体のだるさ、胃腸の不調、肩こり、不眠、生理痛や生理不順など様々な症状となって現れるため日ごろのケアが大切です。

秋分 しゅうぶん

新暦:9月23日~10月7日ころ

昼と夜の時間がほぼ等しくなる秋分の日。この日の前後3日を入れた7日間は「秋の彼岸」と呼ばれています。秋の味覚あふれる実りの秋。充実した日々の一方で、涼しくなるこの時期は、自律神経やホルモンのバランスが崩れやすいので要注意。特に女性ホルモンの乱れは月経に影響が出ることも。そんな時期、定期的にセルフリフレクソロジーをすることは、血行を促進させ生理痛などを和らげることにつながります。

寒露 かんろ

新暦:10月8日~10月22日ころ

野草に宿る冷たい露を言い表しています。移動性の高気圧で空気が乾燥するため空が高く感じられる季節です。寒露に入ったら、風邪予防を始めましょう。さまざまな方法がありますが、共通する基本は「手洗いとうがい」です。また、口内環境をきれいに保つことも、健康の原点として大切なことの一つです。ブラッシングするときに刺激のある歯磨き粉をつけすぎると、清涼感はありますが、長く磨くことができず、磨き残しが多くなるので注意が必要です。

霜降 そうこう

新暦:10月23日~11月6日ころ

冬が徐々に近づいてきて、寒さで朝露が凍り、霜が降りるころ。野山では紅葉が始まる時期です。少しずつ気温が下がるため、手首や足首が冷えやすい時期です。首、手首・足首は皮膚のすぐ下に血管が通っていて、外気の影響を受けやすい部位なので、きちんと保護することで寒さを防げます。さまざまファッション小物を活用して、かしこくおしゃれに心地よく冷え対策をはじめましょう。過ごしやすい季節のうちに体を動かすのもおすすめ。

冬

蓄えモードになる季節

寒さで冷えやすい冬は、冬眠をする動物と同様に、人の体も蓄えモードになります。疲れをためず、ゆっくり休むことが、健康のためには必須ですが、蓄えすぎないことがポイントといえるでしょう。また、血行が悪くなることで肩こりや腰痛になるなど、寒さや冷えからくる体の不調が生まれやすい時期でもあります。

  • 立冬
  • 小雪
  • 大雪
  • 冬至
  • 小寒
  • 大寒
pagetop