vol.10

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

糖尿病の治療はどのように行われるのですか。自分で注射をするとも聞いたことがあるのですが。

A回答

糖尿病治療の第一歩は血糖コントロールをすること。まず食事療法と運動療法を行ないますが、症状に応じて薬物療法も行います。
糖尿病治療には、主に2つの目的があります。ひとつは血糖値をコントロールすること、もうひとつは合併症を防ぐことです。糖尿病と診断されて、最初に行う治療は食事療法と運動療法になります。これに加えて、血糖値が基準より大幅に高くなっている人、合併症をもつ人や一部の糖尿病患者さんには当初から薬物療法も行われます。また、合併症の予防には高脂血症・高血圧の治療や禁煙も大切です。
食事療法の原則としては、バランスの取れた適度なエネルギー量の食事を規則正しく取ること。極端に食事量を減らしたり、朝食を抜いた代わりに昼食で多く食べるなどの偏った食事はかえって血糖値のコントロールを難しくします。また、運動療法は消費エネルギーを増やすとともに、インスリンの効き目がよくなるという効果があります。それにはウォーキングなどの有酸素運動が適しています。
糖尿病の治療薬には、インスリンの分泌を活発にさせるタイプや、インスリンの効き目をよくすることで血糖値を低下させるタイプなどの数種類の経口薬と、インスリンそのものを自己注射する方法があります。近年では薬の種類も増え、糖尿病のタイプや血糖コントロールの状態に合わせて最適な薬を選ぶことができるようになっています。インスリン注射は、主に経口薬でも血糖値をコントロールできなくなった場合に使用しますが、主治医の指示に従って使用すれば安全です。また、現在では注射に伴う痛みもかなり少なくなってきていますので、主治医とよく相談してください。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る