痛みWith

暮らしのなかで
誰しもが抱える「痛み」。
前向きに付き合うための
知識を紹介します。

どの部位の痛みについて、
知りたいですか?

膝の痛み

疾患・症状

変形性膝関節症とは何か?
初期症状から末期症状まで

膝が痛いと感じることはありませんか? 中高年になると膝の痛みを感じる人が増えます。そのほとんどが、変形性膝関節症といわれる病気です。変形性膝関節症とはどのような病気で、どのような症状が起こるのでしょうか。
変形性膝関節症の症状は一気に現れず、何年にもわたって少しずつ進行していくのが特徴です。変形性膝関節症の症状について、段階を追って解説します。

MORE
対策・改善

変形性膝関節症に効く3つの治療法 - 運動療法・薬物療法・手術療法

変形性膝関節症は、膝の関節にある軟骨が少しずつすり減って、骨が変形してしまう中高年に多い病気です。膝を動かすと痛みが生じたり、曲げ伸ばしが難しくなったりして、最終的には歩くのも困難になります。変形性膝関節症は少しずつ進行するので、早めに治療を始めましょう。
変形性膝関節症の治療法には大きく分けて、手術をせずに運動や薬で症状を緩和させる保存療法と手術療法の2種類があります。まず取り組みたいのが、保存療法にあたる運動療法とつらい痛みへの対症療法の基本となる薬物療法です。保存療法を2〜3ヵ月続けても効果がなく、さらに膝の痛みや変形が悪化している場合は、手術療法が行われます。ここでは、運動療法・薬物療法・手術療法についてご紹介します。

MORE
対策・改善

膝痛の軽減に効果的なストレッチ方法

膝に痛みがあると、動くのが億劫になってしまいますよね。しかし、安静にしているのは逆効果です。膝に限らず、関節は動かさないでいると萎縮してしまい、ますます動かしにくくなります。そうならないためにも、運動で膝関節の周りにある筋肉を柔軟に保つことが大切です。ここでは、膝を支える筋肉である大腿四頭筋(だいたいしとうきん)、前脛骨筋(ぜんけいこつきん)、腓腹筋(ひふくきん)のストレッチ方法をご紹介します。

MORE
対策・改善

膝痛に効くツボを利用した
血流改善

膝に痛みがあると血行が悪くなり、痛みを生み出す発痛物質が放出されて、ますます痛みが増強されてしまいます。この「痛みの悪循環」を断ち切る方法として、血行促進が有効です。血流が良くなると、発痛物質が押し流されて筋肉の緊張もほぐれるため、痛みを和らげる効果があるとされています。東洋医学では、ツボへ刺激を与えて血流を促します。膝の痛み対策に効果的なツボを知り、ケアしてみましょう。

MORE
対策・改善

膝痛の軽減に役立つ
体重コントロール

定期的に体重計に乗っていますか? 実は、膝の痛みには体重が大きく関係しています。体重が増えれば増えるほど、当然ながら膝にかかる負担が大きくなるほか、膝に痛みがあると運動不足になり、さらに体重増につながるという悪循環に陥りがちです。体重を上手にコントロールして、膝の痛みを予防・改善しましょう。

MORE

膝の痛みについての一覧はこちら

腰の痛み

疾患・症状

生活習慣や労働環境が招く
腰痛について

腰痛の原因にはさまざまなものが考えられますが、日頃の姿勢や生活習慣が招く、筋疲労やからだのゆがみも大きく関与しています。長時間同じ姿勢を続けていると、腰の筋肉が緊張した状態が続いて筋疲労を起こし、痛みを生じる場合があります。また、気がつけばいつも猫背になっている、座るときに足を組む、いつも片足に重心をかけて立っているといったクセにより生じるからだのゆがみも、痛みを生じさせる原因の一つです。働く世代にとっては、労働環境と腰痛の関係も深く、いわゆる「腰痛持ち」が多い職種も存在しています。
ここでは、生活習慣や労働環境が招く筋疲労による腰痛、またその予防のコツについて解説します。

MORE
対策・改善

病院で行う腰痛治療 - 薬物療法(投薬・神経ブロック)と理学療法(リハビリ)

腰痛の約85%は原因不明とされています。腰痛がひどい場合は、まず痛みと炎症を和らげるために薬と注射で治療を進めるのが基本です。ただし、薬物療法(投薬治療・神経ブロック療法)はあくまでも痛みを抑える対症療法であり、病気そのものを治すものではありません。状況によっては、理学療法や外科的治療などが必要になるケースもあります。理学療法は、運動機能に問題がある人の機能回復を図って、できるだけ早く社会復帰させるための治療です。医師の指導のもとで、理学療法士によるリハビリテーション(略してリハビリ)が行われます。ここでは、病院で行う腰痛治療を紹介します。

MORE
対策・改善

自宅で簡単に行える腰痛の予防・改善方法5選

腰痛を引き起こす原因に、運動不足による腰の周りの筋肉の衰えと、柔軟性の低下があります。背骨をまっすぐに支える力が低下すると、背骨や腰椎にかかる負担が増えてしまい、痛みにつながったり、筋肉が凝り固まった状態が続くことで血流が滞り、痛みを生み出す発痛物質が放出され、さらなる痛みにつながります。
ここでは、自宅で取り入れられる筋力トレーニングやストレッチ、短時間で取り組める電気治療器やツボ押し、またマインドフルネスを活用したメンタルケアの方法をご紹介します。無理のない範囲で取り組める、自分にあったケア方法を探してみましょう。

MORE
疾患・症状

痛みの原因が特定できる「特異性腰痛」とは何か?

日本の成人の90%が、なんらかの機会に経験しているという腰痛。実は、腰痛とは病気の名前ではなく、腰からくる痛みや張りなどの不快に感じる症状の総称です。このうち、画像診断や血液検査などで痛みの原因が特定できるものを「特異性腰痛」、原因がはっきりしないものを「非特異性腰痛」といいます。特異性腰痛とはどのようなものなのか、またどのような原因が考えられるのかをみていきましょう。

MORE

腰の痛みについての一覧はこちら

肩の痛み

疾患・症状

肩こりの原因とは?
筋肉疲労・血行不良の対策

年齢や性別を問わず、多くの人が悩まされている肩こり。進化の過程で二足歩行を始めた人類のからだは、重たい頭を支えるため、もともと首や肩に負担がかかりやすい構造をしています。肩こりが起こる直接的な原因は、筋肉の疲れと血行不良ですが、これらを招く要因はさまざまです。ここでは、肩こりの原因について解説します。

MORE
対策・改善

肩こりのおすすめ解消法5選 – マッサージ・運動ほか

日々の生活の中で肩こりを感じたとき、あなたはどのように対処していますか? たかが肩こりと放っておくと、頭痛や吐き気、めまいといった全身の不調につながる可能性もあるので、早めの対処が必要です。ここでは、マッサージ療法、温熱療法、運動療法(全身運動)、首まわりの運動、薬物療法の5つの対策をご紹介します。

MORE
対策・改善

自分でできる3つの肩こり改善法 – ストレッチ・ツボ押し・痛み日記

今や国民病ともいわれる肩こりに悩んでいる方、日常生活のなかで解消法を試されていますか? もともと、二足歩行をする人間のからだは、重たい頭をささえるために、肩こりが生じやすい構造をしています。さらに、現代人はパスコンやスマホなどで首や肩に大きな負担をかけてしまっています。つらい症状を少しでも軽減するために、日々の生活に取り入れたい肩こり改善法。その中から今回は、ストレッチ、ツボ押し、痛み日記の3つをご紹介します。

MORE
疾患・症状

五十肩の症状・原因・治療 -
肩の痛みの種類①

肩関節の痛みの原因のひとつとして、肩関節の炎症による痛みがあげられます。肩関節は他の関節にはあまりないデリケートな構造をしているため、炎症を起こしやすい部位です。特に中高年になると、肩関節に炎症が起こりやすくなります。肩を動かしたときや寝ているときに痛みが生じるようになったという方もいるのではないでしょうか? これがいわゆる「四十肩・五十肩」です。ここでは、五十肩の症状や原因について解説します。

MORE
疾患・症状

肩関節の損傷と肩関節唇損傷・腱板断裂 - 肩の痛みの種類②

中高年になると肩の痛みが起こりやすくなりますが、「五十肩だから自然に治る」と思いこむのはまだ早いかもしれませんよ。肩関節が損傷している可能性があるからです。加齢やスポーツなどで肩に負担がかかると、周辺組織が損傷し、痛みが起こる場合があります。ここでは、肩の痛みを引き起こす肩関節の損傷について解説します。

MORE
疾患・症状

肩こりと首周辺の筋肉 -
肩の痛みの種類③

今や国民病ともいわれている肩こり。現代人の生活は、長時間のデスクワーク、パソコンやスマホの使いすぎなどにより、首や肩に大きな負担をかけています。たかが肩こりと軽んじているとコリが痛みへ変わって、つらい症状に悩まされることに。放っておくと、頭痛や吐き気、めまいといった全身の不調につながる可能性もあるので、早めの対処が必要です。

MORE

肩の痛みについての一覧はこちら

電気・低周波治療について

症状別 電気治療器の選び方 肩こり・スポーツほか

一口に電気治療器といっても、種類はさまざま。症状や用途に適したものを選ぶことが大切です。しかし「たくさんありすぎて、どれを選べばいいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、症状別に電気治療器の選び方を解説します。お気に入りの一台を見つけて、健康維持に役立てましょう。

MORE

マイクロカレントとは何か?低周波治療との違い - 電気治療を知る③

マイクロカレント(微弱電流)という言葉を聞いたことはあるでしょうか? プロスポーツ選手やアスリートが使用していることで、最近注目されつつあります。スポーツ後の筋肉痛や筋肉疲労を和らげる低周波治療器とはどう違うのでしょうか。電気治療で用いられるマイクロカレントについて解説します。

MORE

低周波治療器の効果と注意点

肩こりや腰まわりの痛みなどのケアには、ストレッチやマッサージが効果的です。しかし「長続きしない」「時間がない」という方も多いのではないでしょうか?そんなときに心強い味方となってくれるのが、家庭で手軽に使える低周波治療器です。ただし、使い方次第で、大きな効果が得られるか、反対に逆効果になるかが変わってきます。低周波治療器の効果と注意点を正しく理解した上で、使用するようにしましょう。

MORE

低周波治療器
部位別の効果的な使い方

筋肉の疲労や痛みには、家庭用の低周波治療器を使ったケアが有効です。しかし、整形外科や整骨院などで電気治療を受けたことはあっても、自宅でのケアは経験がないという人もいらっしゃるのではないでしょうか? きちんと効果を得るためには、正しい位置にパッドを貼ることが重要です。自宅で低周波治療器を扱う際の正しい使い方をお伝えします。

MORE

もっとみる