疾患・症状

僧帽筋など首の筋肉と肩こりの関係 - 肩の痛みの種類③

今や国民病ともいわれている肩こり。現代人の生活は、長時間のデスクワーク、パソコンやスマホの使いすぎなどにより、首や肩に大きな負担をかけています。たかが肩こりと軽んじているとコリが痛みへ変わって、つらい症状に悩まされることに。放っておくと、頭痛や吐き気、めまいといった全身の不調につながる可能性もあるので、早めの対処が必要です。

関連記事
おすすめの肩こり解消法5選 – マッサージ・ストレートネックに効果的な首まわりの運動ほか
自分でできる3つの肩こり改善法 – ストレッチ・ツボ押し・痛み日記
目次
肩こりとは
肩こりに関係する筋肉
日本人と肩こり

そもそも肩こりとは?

実は、肩こりは、正式な病名ではありません。首の後ろから肩、背中にかけての不快な症状の総称です。首や肩の関節は、からだの中で最も可動域が大きく、また重たい頭部と腕を支えているため、常に緊張を強いられています。肩こりが起こるのは、首まわりにある筋肉がこわばって硬くなり、筋肉にある血管が収縮して血行不良を招くからです。血行が悪くなると、肩の筋肉にたまった疲労物質や痛み物質がうまく排出されず、神経を刺激して、コリや痛みが生じると考えられています。

関連記事
肩こりの原因とは?筋肉疲労・血行不良の対策

肩こりに関係している筋肉

首の周辺には、さまざまな筋肉が存在しています。肩のコリや痛みに関係する筋肉をご紹介します。

僧帽筋(そうぼうきん)

首から背中にかけて広がっている筋肉で、肩こりに大きく関わっています。僧帽筋に問題があると、肩をすくめたときに痛みが起こります。

肩甲挙筋(けんこうきょきん)

首と肩甲骨をつなぐ筋肉です。僧帽筋とともに、肩をすくめるときに働きます。首筋下から肩にかけてコリや痛みがある場合、肩甲挙筋が硬くなっている可能性があるでしょう。

胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)

首の側面にある大きな筋肉で、鎖骨や胸骨につながっていることから名付けられました。首を曲げたり、回したりするときに使います。胸鎖乳突筋が凝り固まっていると、首を前に傾ける動作がつらくなります。

頭板状筋(とうばんじょうきん)

首の後方にある筋肉で、首を伸ばすときに使います。「首を後ろにそらすと痛い」という場合は、板状筋のコリが関与しています。

菱形筋(りょうけいきん)

僧帽筋の深部に存在する筋肉です。筋肉を縮める働きがあります。菱形筋が緊張すると、肩甲骨の動きが妨げられ、肩こりや猫背の原因になります。

日本人は肩こりになりやすい?

日本人は、欧米人に比べると肩こりになりやすいといわれています。その理由のひとつが、骨格や筋肉の違いです。日本人は、頭が大きいわりに、首から肩にかけての骨格や筋肉がきゃしゃにできています。特に、中年期以降になると骨量や筋肉が衰えて、肩こりが加速する可能性も考えられるでしょう。そうなる前に、首まわりの筋肉をしっかり鍛えることが大切です。

このように肩こりには、肩・首周辺の様々な筋肉が関わっています。これらの筋肉に疲労物質を蓄積しないよう、上手にケアしていきましょう。

参考)
橋口さおり『運動・からだ図解 痛み・鎮痛のしくみ』マイナビ出版
三井弘『ひざ・腰・肩の痛みの最新治療―変形性膝関節症・坐骨神経痛・骨粗鬆症・椎間板ヘルニアなど (よくわかる最新医学)』主婦の友社
オムロンヘルスケア『肩こり...5つの原因と予防策』
監修:
京都大学大学院医学研究科 青山朋樹教授
みんなに教える

もっと詳しく知る

疾患・症状

肩こりの原因とは?筋肉疲労・血行不良の対策

年齢や性別を問わず、多くの人が悩まされている肩こり。進化の過程で二足歩行を始めた人類のからだは、重たい頭を支えるため、もともと首や肩に負担がかかりやすい構造をしています。肩こりが起こる直接的な原因は、筋肉の疲れと血行不良ですが、これらを招く要因はさまざまです。ここでは、肩こりの原因について解説します。

MORE
対策・改善

おすすめの肩こり解消法5選 – マッサージ・ストレートネックに効果的な首まわりの運動ほか

日々の生活の中で肩こりを感じたとき、あなたはどのように対処していますか? たかが肩こりと放っておくと、頭痛や吐き気、めまいといった全身の不調につながる可能性もあるので、早めの対処が必要です。ここでは、マッサージ療法、温熱療法、運動療法(全身運動)、首まわりの運動、薬物療法の5つの対策をご紹介します。

MORE
電気・低周波治療

症状別 電気治療器の選び方 肩こり・スポーツほか

一口に電気治療器といっても、種類はさまざま。症状や用途に適したものを選ぶことが大切です。しかし「たくさんありすぎて、どれを選べばいいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、症状別に電気治療器の選び方を解説します。お気に入りの一台を見つけて、健康維持に役立てましょう。

MORE

他の「痛み」「疾患・症状」
「対策・改善」をみる