痛みWith

膝の痛み

膝に痛みや違和感はありませんか?
正しい知識と日々のケアで、痛みを和らげることができるかもしれません。

対策・改善

膝痛全般

対策・改善

膝痛の軽減に効果的なストレッチ方法

膝に痛みがあると、動くのが億劫になってしまいますよね。しかし、安静にしているのは逆効果です。膝に限らず、関節は動かさないでいると萎縮してしまい、ますます動かしにくくなります。そうならないためにも、運動で膝関節の周りにある筋肉を柔軟に保つことが大切です。ここでは、膝を支える筋肉である大腿四頭筋(だいたいしとうきん)、前脛骨筋(ぜんけいこつきん)、腓腹筋(ひふくきん)のストレッチ方法をご紹介します。

MORE
対策・改善

膝痛に効くツボを利用した血流改善

膝に痛みがあると血行が悪くなり、痛みを生み出す発痛物質が放出されて、ますます痛みが増強されてしまいます。この「痛みの悪循環」を断ち切る方法として、血行促進が有効です。血流が良くなると、発痛物質が押し流されて筋肉の緊張もほぐれるため、痛みを和らげる効果があるとされています。東洋医学では、ツボへ刺激を与えて血流を促します。膝の痛み対策に効果的なツボを知り、ケアしてみましょう。

MORE
対策・改善

膝痛の軽減に役立つ体重コントロール

定期的に体重計に乗っていますか? 定期的に体重計に乗っていますか? 実は、膝の痛みには体重が大きく関係しています。体重が増えれば増えるほど、当然ながら膝にかかる負担が大きくなるほか、膝に痛みがあると運動不足になり、さらに体重増につながるという悪循環に陥りがちです。体重を上手にコントロールして、膝の痛みを予防・改善しましょう。

MORE

変形性膝関節症

対策・改善

変形性膝関節症に効く3つの治療法 - 運動療法・薬物療法・手術療法

変形性膝関節症は、膝の関節にある軟骨が少しずつすり減って、骨が変形してしまう中高年に多い病気です。膝を動かすと痛みが生じたり、曲げ伸ばしが難しくなったりして、最終的には歩くのも困難になります。変形性膝関節症は少しずつ進行するので、早めに治療を始めましょう。
変形性膝関節症の治療法には大きく分けて、手術をせずに運動や薬で症状を緩和させる保存療法と手術療法の2種類があります。まず取り組みたいのが、保存療法にあたる運動療法とつらい痛みへの対症療法の基本となる薬物療法です。保存療法を2〜3ヵ月続けても効果がなく、さらに膝の痛みや変形が悪化している場合は、手術療法が行われます。ここでは、運動療法・薬物療法・手術療法についてご紹介します。

MORE
対策・改善

変形性膝関節症には運動療法が効く 歩行(ウォーキング)で筋力アップ

変形性膝関節症になると、膝が痛むため「できるだけ運動や外出をしたくない」というのが本音かもしれませんね。しかし、ずっと安静にしているのは考えもの。膝を支える筋肉が衰えて、ますます痛みが強くなるといった悪循環に陥ってしまいます。変形性膝関節症の対策には適度な運動が大事です。まずは無理のない「歩行(ウォーキング)」を日常生活に取り入れてみましょう。

MORE
対策・改善

変形性膝関節症には電気治療(低周波治療器)が効果的

歳を重ねるにつれ、多くの人が悩まされる膝の痛み。膝痛を訴える人のおよそ9割は変形性膝関節症とされています。変形性膝関節症による膝の痛みを軽減する方法として効果的なのが低周波治療器です。しかし、低周波がなぜ膝の痛みに有効なのか、そもそも電気治療とはどのような治療方法なのか、わかりにくいですよね。ここでは、低周波治療器が膝の痛みをやわらげるしくみについてお伝えします。

MORE