疾患・症状

肩関節の損傷と肩関節唇損傷・腱板断裂 - 肩の痛みの種類②

中高年になると肩の痛みが起こりやすくなりますが、「五十肩だから自然に治る」と思いこむのはまだ早いかもしれませんよ。肩関節が損傷している可能性があるからです。加齢やスポーツなどで肩に負担がかかると、周辺組織が損傷し、痛みが起こる場合があります。ここでは、肩の痛みを引き起こす肩関節の損傷について解説します。

目次
肩関節のしくみ
肩関節の損傷による疾患

肩関節のしくみ

肩関節は、上腕骨(じょうわんこつ)の先端にある上腕骨頭(じょうわんこっとう)というボール状の部分と、肩甲骨の関節窩(かんせつか)と呼ばれるお皿の形をしたくぼみで成り立っています。小さなお皿に大きなボールがのっているのを想像してもらうとわかりやすいでしょう。ほかの関節に比べると不安定な構造なので、関節唇(かんせつしん)といわれる組織や、多くの筋肉や靱帯によって安定性を保っています。それらの組織が損傷を受けると、炎症を起こして、痛みが生じます。

肩関節の損傷による疾患

肩関節の損傷による疾患には、次のようなものがあります。

肩関節唇損傷

関節唇とは、関節のまわりに唇のように付着している軟骨で、肩関節の安定に不可欠な組織です。関節唇の上部はデリケートなバランスで結合しており、損傷を受けやすいところです。特に、野球の投球やテニスのサーブなどで肩を酷使した際に、この損傷が起こりやすいといわれています。関節唇には神経が存在しているため、損傷を受けると、肩を動かすスポーツや動作をするときに痛みが走ります。さらに、肩関節の安定性が欠けるため、脱臼をともなうこともあります。一度損傷した関節唇は自然回復が難しく、リハビリが必要です。

腱板断裂(けんばんだんれつ)

腱板とは、肩関節に安定をもたらす4つの筋肉である棘上筋(きょくじょうきん)・棘下筋(きょくかきん)・小円筋(しょうえんきん)・肩甲下筋(けんこうかきん)および腱の総称を指します。この腱板の働きがあるからこそ、肩関節を自由に動かせるのですが、日常生活のさまざまな動きによって肩関節を酷使すると、腱板が傷ついてスジが切れる場合があります。これが、腱板断裂です。主な症状としては、肩を動かしたときや夜寝ているときの痛みなどがあげられます。腱板断裂は中高年者に多くみられる疾患で、五十肩の症状とよく似ています。そのため、五十肩と思って放置していたら、腱板断裂だったというケースも少なくありません。気になる症状があったら、医療機関で正確な診断を受けることをおすすめします。

このように、肩関節は非常にデリケートな部位です。痛みを感じた際は、自己判断せずにまずは医療機関で診断を、という点を心に留めておきましょう。

参考)
永木和載『図解入門よくわかる首・肩関節の動きとしくみ: 「動き」と「痛み」のメカニズムを図解で学ぶ!』秀和システム
中村和志『図解入門よくわかる筋肉・関節の動きとしくみ: 人体の「動き」のメカニズムを図解で学ぶ! 身体運動の不思議』秀和システム
竹井仁『ビジュアル版 筋肉と関節のしくみがわかる事典』西東社
監修:
京都大学大学院医学研究科 青山朋樹教授
みんなに教える

もっと詳しく知る

疾患・症状

五十肩の症状・原因・治療 - 肩の痛みの種類①

肩関節の痛みの原因のひとつとして、肩関節の炎症による痛みがあげられます。肩関節は他の関節にはあまりないデリケートな構造をしているため、炎症を起こしやすい部位です。特に中高年になると、肩関節に炎症が起こりやすくなります。肩を動かしたときや寝ているときに痛みが生じるようになったという方もいるのではないでしょうか?これがいわゆる「四十肩・五十肩」です。ここでは、五十肩の症状や原因について解説します。

MORE
疾患・症状

僧帽筋など首の筋肉と肩こりの関係 - 肩の痛みの種類③

今や国民病ともいわれている肩こり。現代人の生活は、長時間のデスクワーク、パソコンやスマホの使いすぎなどにより、首や肩に大きな負担をかけています。たかが肩こりと軽んじているとコリが痛みへ変わって、つらい症状に悩まされることに。放っておくと、頭痛や吐き気、めまいといった全身の不調につながる可能性もあるので、早めの対処が必要です。

MORE
対策・改善

自分でできる3つの肩こり改善法 – ストレッチ・ツボ押し・痛み日記

今や国民病ともいわれる肩こりに悩んでいる方、日常生活のなかで解消法を試されていますか? もともと、二足歩行をする人間のからだは、重たい頭をささえるために、肩こりが生じやすい構造をしています。さらに、現代人はパスコンやスマホなどで首や肩に大きな負担をかけてしまっています。つらい症状を少しでも軽減するために、日々の生活に取り入れたい肩こり改善法。その中から今回は、ストレッチ、ツボ押し、痛み日記の3つをご紹介します。

MORE

他の「痛み」「疾患・症状」
「対策・改善」をみる