疾患・症状

五十肩の症状・原因・治療 - 肩の痛みの種類①

肩関節の痛みの原因のひとつとして、肩関節の炎症による痛みがあげられます。肩関節は他の関節にはあまりないデリケートな構造をしているため、炎症を起こしやすい部位です。特に中高年になると、肩関節に炎症が起こりやすくなります。肩を動かしたときや寝ているときに痛みが生じるようになったという方もいるのではないでしょうか?これがいわゆる「四十肩・五十肩」です。ここでは、五十肩の症状や原因について解説します。

目次
肩関節周囲炎(五十肩)とは
放置によるリスク
痛みの改善

肩関節周囲炎(五十肩)とは?

五十肩は、正式には「肩関節周囲炎」といいます。関節の動きを滑らかにするために、関節周囲の筋肉や腱(けん)などの間には、滑液包(かつえきほう)と呼ばれる潤滑油のような役割をする液体が存在します。老化によって、この滑液包や筋肉、腱などに炎症が起こって痛みが生じると考えられていますが、はっきりした原因はよくわかっていません。
肩を動かすと痛い、腕が上がらない、シャツの袖に腕を通すのがつらいなどの症状があったら、五十肩の可能性が考えられます。
最初のうちは肩を動かすと痛む程度ですが、次第に安静にしていても痛むようになり、肩の可動域が狭くなっていきます。五十肩の場合、片方の肩だけに痛みがあるのが特徴です。片方の肩が発症したあとに、もう片方が痛くなるケースはありますが、両方の肩が同時に痛くなることはあまりありません。
五十肩の症状で特につらいのが、寝ているときに痛みが増す「夜間痛」です。特に、仰向けで横になり、肩が後方に落ちる姿勢になると、痛みが増します。ズキズキと疼(うず)くような痛みを伴うこともあり、睡眠が妨げられて、日常生活に支障をきたすようになります。

五十肩は放っておけば治る?

よく「五十肩は放っておけばいつか治る」といわれますが、はたして本当なのでしょうか? 平均して1〜2年で治りますが、なかには何年も痛みの残る人や、痛みが改善しても可動域の制限が残ったままの人もいます。できるだけ早めに受診して、適切な治療を受けることが大切です。

五十肩の痛みを改善するには

肩が痛むからといって動かさないでいると、痛みが悪化したり関節の可動域が狭くなったりするので、無理のない範囲でなるべく肩を動かすようにしましょう。ただし、痛みが強いときは医師の診断を仰いでください。必要に応じて、内服薬や肩関節内注射で痛みを抑えることができます。また、睡眠時に肩が痛むときは、肩の下にたたんだタオルなどを敷くと痛みが緩和されるでしょう。

痛みの度合いに合わせ、自分でできるケアと病院での治療の両方を組み合わせて、五十肩を改善していきましょう。

関連記事
vol.44 自然治癒にまかせず、五十肩も治療すべし!!<オムロンの健康・医療トピックス>
参考)
橋口さおり『運動・からだ図解 痛み・鎮痛のしくみ』マイナビ出版
三井弘『ひざ・腰・肩の痛みの最新治療―変形性膝関節症・坐骨神経痛・骨粗鬆症・椎間板ヘルニアなど (よくわかる最新医学)』主婦の友社
監修:
京都大学大学院医学研究科 青山朋樹教授
みんなに教える

もっと詳しく知る

疾患・症状

肩関節の損傷と肩関節唇損傷・腱板断裂 - 肩の痛みの種類②

中高年になると肩の痛みが起こりやすくなりますが、「五十肩だから自然に治る」と思いこむのはまだ早いかもしれませんよ。肩関節が損傷している可能性があるからです。加齢やスポーツなどで肩に負担がかかると、周辺組織が損傷し、痛みが起こる場合があります。ここでは、肩の痛みを引き起こす肩関節の損傷について解説します。

MORE
電気・低周波治療

低周波治療とは何か?効果・歴史 - 電気治療を知る②

私たちのからだには、外部からの電気的な刺激に対して敏感に反応する性質が備わっています。このような作用をうまく利用して、外部から電気を流し、痛みの緩和を図ろうとするのが、電気治療です。その代表的なものとして、低周波治療がありますがご存知でしょうか? ここでは低周波治療とはどういった治療法で、どのような効果が期待できるのかを解説します。

MORE
電気・低周波治療

症状別 電気治療器の選び方 肩こり・スポーツほか

一口に電気治療器といっても、種類はさまざま。症状や用途に適したものを選ぶことが大切です。しかし「たくさんありすぎて、どれを選べばいいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、症状別に電気治療器の選び方を解説します。お気に入りの一台を見つけて、健康維持に役立てましょう。

MORE

他の「痛み」「疾患・症状」
「対策・改善」をみる