vol.44 自然治癒にまかせず、五十肩も治療すべし!!

LINEで送る 一覧に戻る
Vol.44 自然治癒にまかせず、五十肩も治療すべし!! ある日、突然、肩関節に痛みが走ったり、腕が思うように動かないといった症状が起きるのが『五十肩』です。これは肩関節の炎症が原因の痛みで、正しくは肩関節周囲炎といいます。
40代・50代の人に多く発生し、「ほうっておいても半年、長くても1年もすれば治る」といわれています。確かにそうではあるものの、そのままにしておくのは決して良い方法ではありません。
自然治癒したようにみえても、実は痛くならないように肩を使うようになっただけで、炎症の痛みはとれても関節の動く範囲が制限される後遺症が残る場合もあります。これは決して歓迎すべき治り方ではないのです。
さらに、肩関節周囲の疾患には五十肩のみならず、『腱板断裂(けんばんだんれつ)』や『石灰性腱板炎』などもあるので、正しい診断と五十肩の前向きな治癒のために、早期診断・早期治療を実践すべきです。
正しい診断がつくと、五十肩の治療には、「安静」「薬物療法」「運動療法」が行われます。
痛みが強いときには肩が動かせません。このときは、まずは安静を守ります。三角巾を使って肩患部を固定し、左右の肩の高さを平行にして力を抜くことで、関節組織に加わる刺激を極力減らすのです。
さらに痛みが強く続く場合は、薬物療法を加えます。炎症を鎮めるには「消炎鎮痛薬を内服します。強力に炎症を鎮めるには「ステロイド薬」の患部への直接の注射があります。
これで痛みが軽くなったからといって、自己判断でリハビリの運動療法に入るのは大きな間違いです。炎症が治まったわけではありません。
主治医と相談し、痛みが和らいできた時点から「運動療法」に入ります。
運動療法の基本はリラクゼーションです。肩周辺の筋肉からすっかり力を抜いて、肩関節を慢性的ストレス状態から解放します。
例えば、深くお辞儀をした姿勢から腕をダラッと垂らすと腕の重みをしっかり感じます。これだけで肩関節も伸び、インナーマッスルといわれる内側の筋肉が自然と収縮します。
さらに、腱板トレーニングがあります。テーブルに肘をつける姿勢で座って、肘を支点にして腕を左右にゆっくりとテーブルの上をふくように水平移動させます。そのようなストレッチを続けることが五十肩の改善に結びつくのです。

  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る