疾患・症状

外側上顆炎(テニス肘と呼ばれる肘の外側の痛み)の症状・原因と予防法

テニスをしていて肘の外側に痛みを感じたことありませんか? もしかすると外側上顆炎(がいそくじょうかえん)かもしれません。テニスプレーヤーの3〜5割が経験したことがあるといわれ、テニス肘とも呼ばれます。しかし、仕事や家事などの日常生活でも発症する可能性があるため、テニスをプレーする方以外も注意が必要。ここでは、外側上顆炎(テニス肘)の症状・原因や具体的な予防策をご紹介します。

目次
外側上顆炎と内側上顆炎の違い
外側上顆炎の症状
外側上顆炎の原因
外側上顆炎の予防法

外側上顆炎と内側上顆炎の違い

外側上顆炎とは、テニスをはじめ、バトミントンや卓球といったラケットスポーツを行う人に多くみられる、肘に起こりやすいスポーツ障害の総称。ややこしいのが、テニス肘と呼ばれる障害の中に、肘関節の内側が痛む内側型と外側が痛む外側型が含まれることです。

内側型は内側上顆炎(ないそくじょうかえん)と呼ばれ、フォアハンドのときに肘関節の内側に痛みの症状が出ます。テニスだけでなく、ゴルフなどでもみられる症状です。

関連記事
内側上顆炎(ゴルフ肘と呼ばれる肘の内側の痛み)の症状・原因と予防法

一方、外側型を外側上顆炎と呼びます。肘関節の外側にある外側上顆という部分に負担がかかり、炎症が起こることが原因で、バックハンドのときに痛みが発生します。一般的に、外側型のほうが内側型よりも発症率が高く、治りにくい傾向にあります。この記事では、外側上顆炎について詳しく紹介していきます。

外側上顆炎の症状

初期段階では、プレー時のみに肘が痛み、安静時に痛みを感じることはほとんどありません。日常の中では、ものをつかんで持ち上げる動作やタオルを絞ったり、ドアの部をひねったりする動作のときに、肘の外側から前腕にかけて痛みが生じます。

肘は日常生活でもよく使う部位なので、一度発症すると、なかなか治らずに慢性化するケースも少なくありません。症状が治まったと思いスポーツを再開したら、すぐ再発してしまうこともあるので厄介です。

症状が進行すると、安静にしていてもズキズキとした痛みが続くようになり、日常生活にも支障をきたすようになります。

外側上顆炎の原因

外側上顆炎(テニス肘)の原因はまだはっきりと解明されていません。30〜50代以降のテニス愛好家に発症することが多いため、ラケットを振る、ボールを打つといった動作の繰り返しによる「使いすぎ症候群(オーバーユース)」ではないかと考えられています。実際にテニスプレーヤーを対象にした調査から、「自分の体格や体力、技量に合わないラケットの使用」や「プレースタイル」、「不十分なストレッチ」などが関与している可能性が指摘されています。

また、プレーする頻度が高いほど発症する頻度も高くなる傾向にあり、スポーツ以外にも重い荷物を運ぶ運搬業や、料理人や大工などの手首をよく使う職種で発生します。

しかし、30歳以上でテニスを始めた人やテニスをしない主婦にも発症率が高いことから、加齢による筋力の衰えや性別などとの関連性も指摘されています。

外側上顆炎の予防法

外側上顆炎(テニス肘)を防ぐ具体的な方法として、次のようなものが挙げられます。

肘の痛みに効果的なストレッチ

筋肉や腱をほぐしておくと、肘の可動域が広がり、外側上顆にかかるストレスを軽減できます。筋肉の柔軟性を高めるために、ストレッチを習慣づけましょう。

手首のストレッチ

  1. 腕を下に向けて伸ばしたら、肘を外側に回して手のひらを後ろ側に向けます。その状態から手首を手のひら側に曲げてください。
  2. 中指の先をもう片方の手の親指と人差し指で軽くつまみ、手首がより深く曲がる位置まで引っ張ります。痛みを感じたら、無理をしないようにしましょう。

専用サポーター・バンドの装着

肘の痛みを防ぐには、専用バンドやサポーターの使用も有効です。筋を固定して関節を保護する働きがあります。装着後は、ずれやゆるみがないか確認してください。ただし、バンドは締めれば締めるほど、効果を示すわけではありません。きつく締めすぎないようよう注意しましょう。

プレースタイル・ラケットの見直し

痛みを予防するには、プレースタイルやラケットを見直すことも重要です。バックハンドストロークには両手打ちと片手打ちがありますが、片手打ちのほうが手関節に対して大きな負担をかけます。バックハンドは両手で打つように意識しましょう。

テニスの基本動作として、ボールを打つときにラケットをスイートスポット(ボールがよく飛ぶところ)に当てるのが重要なポイントです。スイートスポットを外すと、打球が伸びないうえに、インパクトの衝撃で肘や手首に負担がかかり、テニス肘の原因になります。テニス初心者は、そこをしっかり意識して練習しましょう。

また、外側上顆炎の予防のため、ラケットは自分の体力や技量に合ったものを選びましょう。自分のプレーを見てくれているコーチやテニスショップのスタッフに相談するとよいでしょう。

テニスをプレーする人や、仕事や家事で手首や肘を酷使する人に発生する外側上顆炎(テニス肘)。肘に痛みを感じたら、なるべく手を休め、ストレッチやサポーターで肘の負担を減らすよう意識しましょう。ご紹介した予防策を実践して、安全にスポーツを楽しんだり、安心して日常生活を送れるとよいですね。

参考)
竹井仁『ビジュアル版 筋肉と関節のしくみがわかる事典』西東社
国際スポーツ医科学研究所『新版 図解 スポーツコンディショニングの基礎理論』西東社
厚生労働省『肘が痛い方のために診療ガイドラインに基づいた上腕骨外側上顆炎(テニス肘)ガイドブック』
監修:
京都大学大学院医学研究科 青山朋樹教授
みんなに教える

もっと詳しく知る

疾患・症状

内側上顆炎(ゴルフ肘と呼ばれる肘の内側の痛み)の症状・原因と予防法

ゴルフをプレーされる方の中に、熱心に練習を行った後に、肘の内側が痛くなった経験をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。これは内側上顆炎(ないそくじょうかえん)というスポーツ障害。ゴルフ肘とも呼ばれ、肘の使いすぎによって起こる疾患です。また、テニスのプレー中にも発生することがあり、フォアハンドのときに肘関節の内側に痛みの症状が出るのが特徴です。

MORE
対策・改善

スポーツ障害の急性期の痛みを和らげる電気治療(マイクロカレント、TENS)

スポーツが原因で、慢性的に痛みを感じたり、違和感がひかなくなる状態をスポーツ障害といいます。痛みや腫れが強い急性期は患部を冷やして安静を保つのが得策ですが、慢性期に入ったあとはそれまでとは異なるアプローチが求められます。ここでは、スポーツ障害による慢性的な痛みに効果的なマイクロカレント、TENS(経皮的電気刺激)をご紹介します。

MORE
対策・改善

スポーツ障害による慢性的な痛みに効く電気治療(マイクロカレント、TENS)

スポーツが原因で、慢性的に痛みを感じたり、違和感がひかなくなる状態をスポーツ障害といいます。痛みや腫れが強い急性期は患部を冷やして安静を保つのが得策ですが、慢性期に入ったあとはそれまでとは異なるアプローチが求められます。ここでは、スポーツ障害による慢性的な痛みに効果的なマイクロカレント、TENS(経皮的電気刺激)をご紹介します。

MORE

他の「痛み」「疾患・症状」
「対策・改善」をみる