疾患・症状

腰痛の原因に内臓・脊椎疾患など重大な病気が潜む8つの例

腰痛の原因はさまざまです。なかには脊椎疾患や内臓疾患など、腰とは関係のない病気が原因で腰痛が起こる場合もあります。重大な病気が潜んでいる場合もあるので、腰痛が長引くときには、早めに医療機関を受診しましょう。

関連記事
痛みの原因が特定できる「特異性腰痛」とは何か?
目次
脊椎の疾患が原因の腰痛
内臓の病気が原因の腰痛
ストレスが原因の心因性腰痛

脊椎の疾患が原因の腰痛

長引く腰痛の背後には、次のような病気が隠れている可能性があります。

脊椎腫瘍

背骨にできた腫瘍は、多くの場合が前立腺や肺などほかの臓器にできたがんが転移したものですが、まれに初めから脊椎に悪性腫瘍ができるケースもあります。脊椎にがんが転移すると、激しい痛みが昼夜問わず生じます。腫瘍の位置によっては、下肢のマヒや排尿・排便障害が起こる場合もあります。

脊髄腫瘍

脊髄に腫瘍ができる場合は、一般的に良性です。慢性的な腰の痛みのほか、下肢にマヒが現れます。腫瘍が大きくなると、排尿や排便障害を起こすようになります。

脊椎カリエス

結核菌が脊椎に感染して発症し、強い腰痛や背中の痛みが生じる病気です。また、感染した部位によっては、だるさ、疲れやすさ、微熱などの結核特有の全身症状が現れます。

内臓の病気が原因の腰痛

脊椎に疾患がなくても、腰痛が起こることがあります。次のような症状があったら、早めに病院で検査を受けましょう。

消化器系の病気

胃・十二指腸潰瘍、胆石、胆嚢炎(たんのうえん)、膵臓炎(すいぞうえん)などの場合に腰痛が起こります。腹痛や血便、吐き気、嘔吐などを伴います。

泌尿器系の病気

腰痛を伴う病気として、尿路結石、腎結石、腎盂腎炎(じんうじんえん)、前立腺がんなどがあります。排尿障害や血尿がみられるのが特徴です。

婦人科系の病気

子宮内膜症や子宮がんなどでも腰痛が起こります。おりものの量の増加や不正出血なども生じます。

循環器系の病気

心筋梗塞を起こした際に、締めつけられるような背中の痛みや腰痛が起こることがあります。また、解離性腹部大動脈瘤(かいりせいふくぶだいどうみゃくりゅう)があると、腰と下腹部に突発的な激痛が走ります。

ストレスが原因の心因性腰痛

強いストレスが原因で、腰痛を発症することがあります。これを心因性腰痛といい、決して「気のせい」ではなく、はっきりした痛みを感じます。痛む部位や度合いが日ごとに変わり、不安が大きくなると痛みが増すのが特徴です。心因性腰痛が起こる理由として、ストレスで痛みを抑制する脳の働きが弱まるからではないかと考えられています。
なかには、うつ病などの精神疾患が原因で腰痛を訴えるケースもあるので注意が必要です。

このように一言で腰痛といっても、原因はさまざま。腰痛以外に体に痛みや異変は感じないか、日頃から自分の体の変化に気を配っておくことが大切です。

参考)
橋口さおり『運動・からだ図解 痛み・鎮痛のしくみ』マイナビ出版
三井弘『ひざ・腰・肩の痛みの最新治療―変形性膝関節症・坐骨神経痛・骨粗鬆症・椎間板ヘルニアなど (よくわかる最新医学)』主婦の友社
監修:
京都大学大学院医学研究科 青山朋樹教授
みんなに教える

もっと詳しく知る

疾患・症状

痛みの原因が特定できる「特異性腰痛」とは何か?

日本の成人の90%が、なんらかの機会に経験しているという腰痛。実は、腰痛とは病気の名前ではなく、腰からくる痛みや張りなどの不快に感じる症状の総称です。このうち、画像診断や血液検査などで痛みの原因が特定できるものを「特異性腰痛」、原因がはっきりしないものを「非特異性腰痛」といいます。特異性腰痛とはどのようなものなのか、またどのような原因が考えられるのかをみていきましょう。

MORE
疾患・症状

座り方や姿勢、長時間の立ち作業など生活習慣が原因の腰痛予防

腰痛の原因にはさまざまなものが考えられますが、日頃の姿勢や生活習慣が招く、筋疲労やからだのゆがみも大きく関与しています。長時間同じ姿勢を続けていると、腰の筋肉が緊張した状態が続いて筋疲労を起こし、痛みを生じる場合があります。また、気がつけばいつも猫背になっている、座るときに足を組む、いつも片足に重心をかけて立っているといったクセにより生じるからだのゆがみも、痛みを生じさせる原因の一つです。働く世代にとっては、労働環境と腰痛の関係も深く、いわゆる「腰痛持ち」が多い職種も存在しています。
ここでは、生活習慣や労働環境が招く筋疲労による腰痛、またその予防のコツについて解説します。

MORE
対策・改善

病院で行う腰痛治療 - 薬物療法(投薬・神経ブロック)と理学療法(リハビリ)

腰痛の約85%は原因不明とされています。腰痛がひどい場合は、まず痛みと炎症を和らげるために薬と注射で治療を進めるのが基本です。ただし、薬物療法(投薬治療・神経ブロック療法)はあくまでも痛みを抑える対症療法であり、病気そのものを治すものではありません。状況によっては、理学療法や外科的治療などが必要になるケースもあります。理学療法は、運動機能に問題がある人の機能回復を図って、できるだけ早く社会復帰させるための治療です。医師の指導のもとで、理学療法士によるリハビリテーション(略してリハビリ)が行われます。ここでは、病院で行う腰痛治療を紹介します。

MORE

他の「痛み」「疾患・症状」
「対策・改善」をみる