疾患・症状

足底腱膜炎の症状・原因と予防法 ランニング中に多い足底(足裏)の痛み

走っていると足底(足裏)が痛む。こんな経験はありませんか? その痛みの原因は、足底腱膜炎(そくていけんまくえん)かもしれません。足底腱膜炎は、ランナーに多く見られるスポーツ障害です。一時的によくなっても繰り返すことが多く、走れば走るほど足底の痛みが強くなるといわれています。ここでは、足底腱膜炎の症状と原因、そして予防法を解説します。

目次
足底腱膜とは
足底腱膜炎の症状
足底腱膜炎の原因
足底腱膜炎になりやすい人
足底腱膜炎の予防法

足底腱膜とは?

足底には、かかとの骨から足の指の付け根にかけて、強靱な繊維状の組織である腱が膜のように広がっています。これが足底腱膜です。

足底腱膜は足底の土踏まず(縦アーチ)を保持して、歩行やランニングによる衝撃を吸収する役割があります。さらに、その吸収した力を蹴り出しのエネルギーとして有効活用する「巻き上げ(ウインドラス)機構」にも関与しています。

そのため足底腱膜の働きが悪くなると、足底が地面に着地するときの衝撃吸収や蹴り出す力のバランスが崩れて、走りにくさや歩きにくさを感じます。

足底腱膜炎の症状

足底腱膜炎は、足のアーチ構造を支える足底腱膜が炎症を起こし、小さな断裂を繰り返している状態です。かかとや足底が地面に着地した際に、足底腱膜が伸ばされて痛みを感じます。また、ウインドラス機構がうまく機能しなくなるため、足を蹴り出すエネルギーが足りなくなります。

足底腱膜炎が起こると、「朝起きてからの最初の一歩が激しく痛む」「急に歩きだすと痛む」といった症状がみられるようになります。慢性化すると、かかとの骨に骨棘(こつきょく)と呼ばれるトゲのような突起ができて、さらに痛みが増すことがあります。

足底腱膜炎の原因

ランニングやジャンプ動作などで、荷重による衝撃(圧迫力)と強く引っ張られる力(牽引力)の両方が繰り返されると、足底腱膜に大きな負荷が集中して、小さな断裂や炎症が起こりやすくなります。

足底腱膜炎を誘発する要因としては、スポーツによるオーバーユース(使いすぎ)をはじめ、長時間の歩行や立ち仕事、不適切なシューズの使用、硬い路面でのトレーニング、足の筋力不足や柔軟性の低下、足の形の変形(扁平足や外反母趾)などが挙げられます。

とくに外反母趾(がいはんぼし)は、足底腱膜炎と同じく、足のアーチ構造の崩れによって生じます。縦アーチが崩れる足底腱膜炎に対して、外反母趾では横アーチが崩れてしまっている状態です。外反母趾で横アーチを保持できなくなると、だんだん縦アーチも低下して足底腱膜炎を併発する場合があります。

足底腱膜炎になりやすい人

足底腱膜炎は、一般的に次のような人がなりやすいといわれています。足底の痛みを未然に防ぐには、リスク因子をできるだけ減らすことが大切です。

足底腱膜炎になりやすいタイプ

  • ・陸上競技やサッカー、バレーボール、バスケットボールなど、ランニングやジャンプなどの踏み込む動作が多いスポーツをしている人
  • ・硬いグラウンドやアスファルトの上で練習をしている人
  • ・長時間の立ち仕事をしている人
  • ・ふくらはぎの筋肉やアキレス腱の柔軟性が低下している人
  • ・足の筋力が落ちている人
  • ・扁平足(足底のアーチがない)もしくは土踏まずが高すぎる(ハイアーチ)の人
  • ・体重が増えた人、肥満の人
  • ・クッション性の低い靴を使っている人

足底腱膜炎を予防するには

足底腱膜炎は、日頃からしかるべき対策を講じることで予防できる疾患です。次のような予防策を取り入れてみましょう。

1. 練習量をコントロールする

過度のスポーツによるオーバーユースが原因の場合、練習量を少なく調整する必要があります。監督やコーチと相談して、練習メニューを量よりも質に転換させることを意識しましょう。すでに炎症を起こしている場合は、休養をとることが最善策です。痛みが治まるまでは安静にしてください。

2. 足の筋肉と柔軟性を高める

足の筋力や柔軟性が低下すると、足底腱膜に強い牽引力(引っ張られるストレス)がかかり、炎症を起こしやすくなります。足底やふくらはぎの筋肉のストレッチやトレーニングをとりいれ、筋力と柔軟性アップを目指しましょう。

関連記事
足底腱膜炎に効果的なストレッチで足底(足裏)の柔軟性を保つ

3. クッション性のあるシューズを選ぶ

かかとが薄すぎるシューズは、着地時の衝撃が足にダイレクトに伝わります。大切な足を守るため、衝撃を吸収するクッション性に優れたシューズを選びましょう。扁平足やハイアーチなど、アーチに変形がある人は、インソール(中敷き)の使用が効果的です。

4. テーピングをする

足底のアーチ構造が崩れると、地面からの衝撃をうまく吸収できなくなるので、足底腱膜炎になりやすい傾向があります。テーピングでアーチを作ることで、クッション機能をサポートする効果が期待できます。

テーピングの方法

  1. 足首を90度の角度に保つ
  2. テープの1本目は、親指の付け根と小指の付け根の盛り上がった部分を通過するようにテープを巻く。足の甲の部分は巻かないように注意。
  3. 2本目は親指の下から足底をクロスし、外側からかかとを回ってスタートに戻る
  4. 3本目は小指の下からスタートし、かかとの内側から1周する
  5. 4本目は中指の下からかかとの外側を回って、元の位置に戻る

ポイント

テープがアキレス腱にかからないようにする
かかとの後ろは2〜4本目のテープがすべて重なるようにする

足底に痛みがでたら、まずは安静に。運動を控えて、アキレス腱や足底腱膜のストレッチをしましょう。足の形に合ったシューズを履いたり、インソールを装着したりするのも有効な手立てです。

参考)
中村和志『図解入門よくわかる筋肉・関節の動きとしくみ』秀和システム
酒井慎太郎『死ぬまで歩きたいなら首・腰・骨盤・ひざ・足底の「5つのクッション」を整えなさい』ぴあ
石山修盟『正しく効果的に巻ける! テーピングの新しい教科書』日本文芸社
足の外科学会『足底腱膜炎(PDF)』
監修:
京都大学大学院医学研究科 青山朋樹教授
みんなに教える

もっと詳しく知る

対策・改善

足底腱膜炎に効果的なストレッチで足底(足裏)の柔軟性を保つ

普段の生活の中で、ふくらはぎや足底(足裏)の筋肉を意識されることはありますか? 筋肉が硬くなっていたら、足底のクッション機能が損なわれているのかもしれません。このクッション機能として働く部分は足底腱膜(そくていけんまく)と呼ばれ、放っておくと足底腱膜(そくていけんまく)に過度のストレスがかかり、炎症を引き起こす可能性があります。
足底腱膜炎の予防・改善には、まず硬くなった筋肉の柔軟性を取り戻すことが大切です。ストレッチで筋肉や腱を伸ばして、足底の痛みを防ぎましょう。

MORE
対策・改善

スポーツ障害の急性期の痛みに効く応急処置「RICE(ライス)処置」の基礎知識

スポーツをしていると、打撲や捻挫などのスポーツ外傷以外に、負荷がかかり続けた部位に痛みが生じるスポーツ障害が起こることがあります。オーバーユース症候群とも呼ばれますが、早期の段階で適切な応急処置をしておくと、ダメージを最小限に抑えて回復を早めることができます。しかし、緊急時にすばやく対応には知識が必要。いざというときのために、応急処置の基本である「RICE処置」を知っておきましょう。

MORE
対策・改善

スポーツ障害の急性期の痛みを和らげる電気治療(マイクロカレント、TENS)

スポーツを続けていると、同じ動作の繰り返しにより特定の部位に過度の負担がかかりスポーツ障害を起こすことがあります。その急性期の痛みの緩和に有効とされているのが、マイクロカレントやTENS(経皮的電気刺激療法)に代表される電気治療です。応急処置(RICE処置)後のケアとして、スポーツの現場でも取り入れられています。電気の刺激が痛みを和らげるしくみについてみていきましょう。

MORE

他の「痛み」「疾患・症状」
「対策・改善」をみる