⼈の暮らしに「痛み」はつきものです。
デスクワークにスポーツ、加齢と、その種類やシーンも様々。
ただ痛いだけではなく、達成感のある筋⾁痛、なんてちょっと嬉しかったり。
暮らしのなかで誰しも抱える「痛み」ならば、
ポジティブに付き合っていきたい。

オムロンヘルスケアは、みなさんの「痛み」に、ともに向き合います。

痛みwithでは、「痛み」に関する知識を集め、みなさんとシェアします。
原因や仕組み、症状を理解し、対策を知り、「痛み」と暮らす⽇々が少しでも前向きになるように。

からだに痛みを感じたとき、
どうしていますか?

痛みがあっても「これくらいなら心配ないだろう」と放置していませんか? 適切な処置をとらないと痛みの悪循環に陥ってしまい、慢性化につながる可能性があります。痛みを我慢するのは禁物です。

痛みの悪循環とは?

慢性痛の原因とリスク

なぜ、痛みと向き合うことが
必要なのか

痛みには、からだの不調や危険を知らせる警報としての重要な役割があることをご存知ですか? 不快で嫌なものである反面、私たちの生命を守るための防御機能という側面も持っています。人は痛みがあるからこそ、生命をおびやかす危険をいち早く察知し、回避できるのです。

痛みはどのように伝わるのか

痛みの緩和・疲れのケアに、
自宅での低周波治療を

からだには、外部からの電気的な刺激に対して敏感に反応する性質が備わっています。この作用を利用して、外部から電気を流し、痛みの緩和を図ろうとするのが電気治療です。その代表的なものが、低周波治療。効果的な使い方と注意点を正しく理解しておくことで、手軽に、そして効果的に痛みへの対策が行えます。

低周波治療とは?

低周波治療器の効果と注意点