基礎知識

慢性痛とは何か?
痛みが長く続く原因とそのリスク

急に痛くなって短期間で治まる痛みを急性痛と呼ぶのに対して、長期間にわたって起こる痛みを慢性痛といいます。長く続く慢性的な痛みは、非常につらいものですよね。慢性痛はどういうものか、どうして起こるのかを解説します。

関連記事
急性痛とは何か?その特徴と注意点
目次
慢性痛とは
慢性痛のタイプと原因
心身に与える影響

急性痛と違って慢性痛は「痛み自体」が病気

慢性痛とは、痛みが長く続いている状態をいいます。病気やケガによる痛みはほとんどが一過性のものですが、痛みがひどかったり長引いたりすると、原因自体がなくなっても、いつまでも痛み続けてしまう場合があります。ただし、がんや急性リウマチなどの病気で、急性の痛みが次々と起こり続けているものは、慢性的な痛みではありますが、慢性痛には含まれません。
慢性痛は、痛みが広範囲ではっきりしないのが特徴です。ビリビリ、ジンジンするといった電気が走るような痛みと表現されます。
突然の痛みはからだの異常を知らせる警報ですが、その役割を担うのは急性痛です。慢性痛は痛み自体が病気であり、治療の対象になります。早めに適切な方法で対処することが大切です。

慢性痛の代表的なタイプと原因

慢性痛にはいくつかのタイプがあり、それぞれ痛みの起こる原因が異なります。代表的なものをご紹介します。

神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせいとうつう)
ケガや病気で神経が傷つき、神経が異常に興奮して起こる痛みです。原因として、脊髄損傷や脳卒中などによる神経の損傷や切断、糖尿病の合併症による神経障害、がん細胞の神経への浸潤などが挙げられます。
中枢性疼痛(ちゅうすうせいとうつう)
脳と脊髄にある中枢神経が傷ついて起こる痛みです。痛みの刺激がないのに痛いと感じたり、麻痺している部分に異常な痛みを感じたりします。脳や脊髄の病気や損傷が原因です。
心因性疼痛(しんいんせいとうつう)
ストレスや不安など精神的・心理的問題で生じる痛みです。慢性の痛みで長い間悩まされていた人は、脳が痛みグセを学習して、原因がなくなっても痛みを感じることがあります。病気や痛みに対する不安や恐怖、職場や家庭でのストレスなども心因性疼痛の要因となります。

慢性痛の放置が心身に与える影響

慢性痛を放置していると、心身ともに消耗し、不眠や食欲不振、集中力の低下、イライラなどの症状が現れることがあります。慢性的な痛みによるストレスで、うつ傾向となり、社会生活に支障をきたす可能性もあります。痛みの原因がわからないからと、病院を次から次へと受診してまわる「ドクターショッピング」を繰り返すよりも、信頼できる医師とじっくり相談して、焦らずゆっくりと治しましょう。

慢性痛は「いつものことだから」と軽く考えず、体の不調と向き合って、適切に治療していきましょう。

参考)
橋口さおり『運動・からだ図解 痛み・鎮痛のしくみ』マイナビ出版
監修:
京都大学大学院医学研究科 青山朋樹教授
みんなに教える

もっと詳しく知る

基礎知識

痛みの伝達経路と脳が認識するしくみ

痛みには、からだの不調や危険を知らせる警報としての重要な役割があることをご存知ですか? 不快で嫌なものである反面、私たちの生命を守るための防御機能という側面も持っています。人は痛みがあるからこそ、生命をおびやかす危険をいち早く察知し、回避できるのです。では、痛みはどのようにして脳に伝わるのでしょうか。その伝達方法についてお伝えします。

MORE
電気・低周波治療

低周波治療とは何か?効果・歴史 - 電気治療を知る②

私たちのからだには、外部からの電気的な刺激に対して敏感に反応する性質が備わっています。このような作用をうまく利用して、外部から電気を流し、痛みの緩和を図ろうとするのが、電気治療です。その代表的なものとして、低周波治療がありますがご存知でしょうか? ここでは低周波治療とはどういった治療法で、どのような効果が期待できるのかを解説します。

MORE

他の「痛み」「疾患・症状」
「対策・改善」をみる