疾患・症状

打撲とは何か?部位別の症状と対処法

スポーツをしていると、他の選手同士と激しくぶつかることや、転倒してからだを強く打つことがありますよね。接触プレーで発生しやすい打撲は内出血を伴わない場合には軽視されがちですが、実は骨折していたり、皮下組織にまでダメージを及ぼしていたりするケースもあるため、決して甘くみてはいけません。打撲の症状と原因について解説します。

目次
打撲とは
部位別の症状と対処法

打撲とは

衝突や転倒などの強い衝撃によって、筋繊維や血管が損傷することを打撲といいます。打ち身とも呼ばれ、サッカーやラグビー、格闘技など、選手同士が激しくぶつかり合うコンタクトスポーツで多く発生します。

軽度の打撲であれば打った部分を圧迫したときに痛みを感じる程度ですが、中等度以上になると患部が腫れたり、熱感のある痛みを伴ったりします。ぶつけた部分やその周囲が青紫色に変化していたら、皮膚や皮下組織の血管や筋肉が傷つき、内出血を起こしている状態です。また、筋肉の収縮が妨げられて、可動域の制限が生じるケースもあります。

部位別の症状と対処法

打撲の症状は発生部位によって異なります。ぶつけた箇所を特定できたら、症状と対処法を確認しましょう。

手足をぶつけた場合

腫れや痛み、皮下出血などの症状がみられます。無理に動かさず、安静を保ちましょう。氷のうや濡れタオルなどで患部を冷やすと、腫れや痛みが和らぎます。長時間激しい痛みが続く場合や、だんだん腫れや痛みがひどくなる場合は、骨折が疑われるため、必要に応じて医師の診察を受けましょう。

頭をぶつけた場合

頭痛や吐き気、めまい、ふらつき、意識障害、頭蓋内出血(とうがいないしゅっけつ)、脳震盪(のうしんとう)などの症状が現れます。意識があり、意識障害などの異常がない場合は、頭を少し高くして寝かせて安静を保ちます。こぶなどがあったら、様子を見ながら冷やします。

頭部の打撲は致命傷になることもあります。頭蓋内の損傷が疑われる場合は、むやみやたらと動かすのは禁物です。救急車を呼んで救急隊員や医師の判断を仰ぎましょう。

首や背中をぶつけた場合

痛みや手足のしびれ、息苦しさ、吐き気などの症状がみられます。首や背中には重要な神経が走っているので、打撲の衝撃でそれらが著しく損傷すると、呼吸障害や手足のマヒが残る可能性があります。まずは呼吸の状態と手足の動きを確認しましょう。

首や背中を強打した後、打った周辺組織の肌の色が変わってきたり、痛みが強くなっていくようなときは、骨折をしている可能性があります。床の上など固くて平らな場所に仰向けの状態で寝かせて安静に保ち、必要に応じて医師の判断を仰ぎましょう。

胸をぶつけた場合

痛みや息苦しさ、吐き気などの症状が挙げられます。胸をぶつけたときは、襟元やネクタイ、ベルトなどを緩めて、呼吸がしやすい楽な姿勢を保ち、安静にして様子をみましょう。必要に応じて、患部を冷やします。

肋骨や胸骨を骨折していると、呼吸困難に陥ったり、血痰(けったん)が出たり、脈拍が乱れたりする場合もあります。このような場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

打撲した直後はあまり症状がなくても、時間の経過とともに悪化する可能性があります。どこをぶつけたか、どのくらいの衝撃だったのかをきちんと確認し、適切な処置をしましょう。

参考)
医学辞典編集部『日常生活ですぐに使える健康知識 家庭の医学 緊急編(SMART BOOK)』SMART GATE Inc.
国際スポーツ医科学研究所 監修『新版 図解 スポーツコンディショニングの基礎理論』西東社
監修:
京都大学大学院医学研究科 青山朋樹教授
みんなに教える

もっと詳しく知る

対策・改善

RICE(ライス)処置とは何か?肉離れ・打撲・捻挫の応急処置

スポーツ中に起こりやすい肉離れ・打撲・捻挫などの急性外傷。いざというとき、自分や一緒にスポーツをされる方のために正しい対処法を身につけておくと安心ですよ。そこで、ケガの応急処置方法である「RICE処置」を紹介します。RICE処置を適切に行うことで、痛みや腫れを軽減できます。

MORE
対策・改善

電気治療(マイクロカレント、TENS)による肉離れ・打撲・捻挫への対処

肉離れや打撲、捻挫などのケガは、完治までに数日から数週間、程度によっては1ヶ月以上かかることもあります。できるだけ早く治したいと思うのは当然のこと。早期回復を図る手立てとして、電気治療があります。ここでは、肉離れ・打撲・捻挫に効果的なマイクロカレント(微弱電流療法)、TENS(経皮的電気刺激療法)をご紹介します。

MORE

他の「痛み」「疾患・症状」
「対策・改善」をみる