vol.109

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

60代女性です。以前より身長が縮んでいることがわかり、骨粗しょう症が心配なのですが、骨粗しょう症だとどのような自覚症状がでるのでしょうか?

A回答

骨粗しょう症の自覚症状には身長が縮むことのほかに、背中や腰の痛みなどがあります。
骨粗しょう症は、骨量(骨に含まれるカルシウムやリンなどのミネラルの量)が減少して、骨がもろくなる病気です。自覚症状としては、「身長が縮む」のほかに「背中や腰の痛み」、「背中が丸くなる」などがあります。これらの症状は、背骨が自分の重みに耐えられずに変形してしまうこと(圧迫骨折)が原因でおこります。
また、骨粗しょう症で骨がもろくなると、転倒したときに大腿骨(太ももの骨)の付け根や手首、腕の付け根などを骨折しやすくなります。こういった部位で骨折がおこると、思うように体を動かせなくなり、日常生活に支障がでてしまいます。特に、高齢者が大腿骨の付け根を骨折すると、場合によっては寝たきりにつながってしまいます。

骨粗しょう症の自覚症状は骨量が減少しはじめてから数年~数十年たって骨が弱くなったころにあらわれますので、症状がなくても定期的に検査を受けるように心がけましょう。とくに女性の場合は、閉経後に女性ホルモンの分泌が減少することにより骨量が減少します。40歳くらいから検査を受けて、骨量の変化をみていくことが勧められます。男性の場合も、50歳くらいから骨量に注意するようにしましょう。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る