vol.112

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

肥満ぎみなので減量しようと思うのですが、減量の目安はありますか?

A回答

日本肥満学会では、減量の目安として「体重3kg、ウエスト3cm」減らすことを「サンサン運動」として推奨しています。
体にたまる脂肪は、「内臓脂肪」と「皮下脂肪」に大きく分けられます。このうち、内臓脂肪は高血圧や糖尿病、脂質異常症の要因となったり、動脈硬化を進行させると考えられているので、まずは内臓脂肪を減らすことが重要です。内臓脂肪はたまりやすい一方、食生活や運動不足を改めると減らしやすいという性質があります。
日本肥満学会では肥満ぎみの人に対して、「体重3kg、ウエスト(へそ回り)3cm」減らすことを、「サンサン運動」として推奨しています。3kg減量してもまだ肥満の状態にある人は、体重の5%減を目標にします。これくらいの減量で内臓脂肪も減り、血圧や血糖値、血中脂質値などの改善にも効果があることがわかっています。

ただし、無理な食事制限による急激な減量は避けましょう。このような減量をすると、脂肪と一緒に筋肉も落ちて基礎代謝が低下して、リバウンドがおこりやすくなります。リバウンドを防ぐためには、筋肉を減らさないように減量していくことが大切です。基礎代謝を維持するために軽い運動もあわせて行いながら、1カ月の減量は体重の2%以内とし、ゆっくりと減量するのがよいでしょう。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る