vol.129

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

糖尿病で本当に怖いのは、合併症だと聞きました。糖尿病になると、必ず合併症が起こるのでしょうか?

A回答

糖尿病になったら必ず合併症が起こるわけではありません。合併症を起こさないように、自己管理に気をつけてください。
糖尿病は、別名「血管の病気」とも言われています。
細い血管が障害されたことによって起こる、手足のしびれやこむら返りなどの神経障害、失明の原因となる眼の合併症(網膜症)、むくみや透析の原因となる腎臓の合併症(腎症)の3つが糖尿病の3大合併症と言われています。
太い血管に障害が起こると、脳梗塞や心筋梗塞を起こします。糖尿病になると、アルツハイマー病など認知症になるリスクも2倍程度高まるとも言われています。また、抵抗力が弱まるために、気管支炎や肺炎、肺結核、歯周病、水虫などの感染症にもかかりやすくなります。

しかし、糖尿病になったら、必ずこれらの合併症が起きるわけではありません。糖尿病と言われたことをきっかけに、自分の生活習慣を振り返り、禁煙にチャレンジしたり、健康的な食習慣に変え、アクティブな生活などを送り、薬を飲み忘れず、定期的に医療機関にかかるなどすることで合併症になることを防ぐことができます。特に、糖尿病になってから早い時点でよい血糖、血圧、脂質コントロールを行うと、それらが遺産として将来に残ることも知られています(よい遺産効果)。糖尿病合併症を予防するためには、できるだけ早めに、治療に本格的に取り組むことが大切なようです。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る