vol.195

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

熱中症など、糖尿病患者が夏場に気を付けるべき点について教えてください。

A回答

高血糖の状態が続くと、汗がかきづらくなるため身体が冷えにくく、脱水にもなりやすいので、熱中症になりやすくなります。普段から、自分の症状や血糖に気を配ることが大切です。
日本における熱中症の実態調査によると、高血圧、糖尿病、心血管疾患、認知症があると熱中症になりやすいと言われています。糖尿病でない人い比べ、糖尿病を持つ人が熱中症になりやすい理由はいくつか知られています。
血糖コントロールが悪いと、血管や神経が損傷を受けやすいので、汗腺の働きが悪くなり、汗がかきづらくなり、効果的に身体を冷やすことができにくくなります。また、血糖が高いと尿に糖と共に水分が出やすくなります。高血糖の糖尿病患者さんが、「のどがよく渇く」「トイレが近い」という症状は高血糖で尿糖が多くなっている証拠です。その結果、身体の中は水分が多く失われ、脱水の状態になっています。
良好な血糖コントロールのためには運動が欠かせませんが、夏場に猛暑が続くと、普段通りの運動はしづらくなると思います。そのため、インスリンの効きが悪くなり血糖値が高くなりやすい人がいます。また、脱水の防止のためと冷房のきいた部屋に閉じこもりぎみなのに、糖分の多く入った飲料を飲むために高血糖になっている人もいます。涼しい時間帯に運動する習慣をつけることと、むやみに糖分の多く入った飲料を飲まないようにすることが大切です。
インスリン製剤は熱によって中に入っているインスリンが変性し、働きが悪くなることがあります。インスリン注射を使っている人は、車の中に置きっぱなしにすることでインスリンの効き目が悪くなることがあります。冷蔵庫や移動際にはクールバッグで保管しておくとよいでしょう。特に、泳ぎやバーベキューなど外での活動の際に注意が必要です。 夏場を上手に過ごせるように、普段から自分の症状や血糖値に気を配ることができるといいですね。

参考:
糖尿病ネットワーク「糖尿病患者は熱中症リスクが高い? 熱中症予防に関する緊急提言も」
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2018/028325.php
Diabetes UK
https://www.diabetes.org.uk/guide-to-diabetes/managing-your-diabetes/hot-weather
Miyake Y. [Characteristics of elderly heat illness patients in Japan--analysis from Heatstroke STUDY 2010]. Nihon Rinsho. 2013 Jun;71(6):1065-73.
https://www.cdc.gov/features/diabetesheattravel/index.html
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る