vol.22

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

近ごろよく、「特定保健用食品」と記載されている食品を見かけます。私は血糖値が高く、「血糖値が高めの方に適する食品」などといった表示はとても気になります。効果はあるのでしょうか?

A回答

特定保健用食品は、厚生労働省によって健康維持に有効であると認可された食品です。科学的に効果が立証されており、用法・用途を守って利用すれば効果が期待できます。
特定保健用食品は平成3年に、健康に良いとうたわれる食品の安全性や有効性を確保するため厚生労働省によって制度化されました。また、平成13年の保健機能食品制度の創設時には、食品衛生法施行規則に基づき保健機能食品のひとつとしても位置付けられました。からだの生理学的機能や生物学的活動などに影響を与える保健機能成分を含み、健康の維持増進に役立つことを趣旨とした食品です。

記載されている内容は、
  • 血圧が高めの方に適する食品
  • コレステロールが高めの方に適する食品
  • 血糖値が気になる方に適する食品
  • 食後の血中の中性脂肪を抑える食品
  • 体脂肪がつきにくい食品

など、その効果によって使い分けられています。平成17年1月現在では、約500種類の食品が厚生労働省によって認可されています。特定保健用食品は、科学的に適度な摂取量による機能・効果が立証されており、用法・用途を守れば効果が期待できます。しかし、医薬品とは異なるため「治療薬」というよりも「健康の維持のために役立てるもの」と考えたほうが適切でしょう。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る