vol.42

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

糖尿病には自覚症状がないというのは本当でしょうか。なってからでは遅いので自分でもチェックできるポイントがあれば教えてください。

A回答

糖尿病は多くの場合、自覚症状がないまま進行します。ですから早期発見のためには、定期的に健康診断などを受けるようにしましょう。
糖尿病の自覚症状には、「異常な程のどが渇く」、「頻尿」、「体がだるい、疲れやすい」、「いくら食べても体重が増えない」などがありますが、こういった自覚症状は、実はかなり重症になるまで感じません。職場や自治体などで行われる健康診断で、偶然見つかる場合がほとんどです。中には視覚障害や神経障害を起こし、病院を受診してはじめて「糖尿病が原因だった」ことがわかるようなケースもあります。糖尿病は、このように目立った症状が起こりにくいにも関わらず、深刻な症状が進行するため、「サイレントキラー」とも呼ばれています。

したがって糖尿病予防において重要なことは、まず正しい生活習慣を送るとともに、定期的に健康診断などのキチンとした検査を受けることです。糖尿病の検査は、「平常時」、「朝の空腹時」、「ブドウ糖を飲んだ後」、それぞれの血糖値を測って行われ、このいずれかで正常ではない値が計測された場合、糖尿病と判断します。その後、合併症の有無などを総合的に判断して、治療方針が決められます。

最近では、自宅で簡単に行える郵便検診でも、血糖値を測ることが可能です。定期的な検診が受けられないようであれば、こういった簡易なものを利用し、結果に応じて病院で詳しく検査してもらうのもよいでしょう。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る