vol.50

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

健康診断で肥満と指摘されました。糖尿病が気になりますが、肥満だと糖尿病になってしまうのですか?

A回答

肥満になると糖尿病を発症するリスクが高まりますが、肥満だから必ずしも糖尿病になるわけではありません。言い換えると、肥満でなくても糖尿病を発症する可能性があるということです。
通常、空腹時の血糖値が126mg/dL以上、または75gOGTTという試験を行って2時間後の血糖値が200mg/dL以上の場合に「糖尿病型」と判定され、肥満かどうかは関係ありません。日本の糖尿病患者は、欧米の糖尿病患者に比べて肥満度が低いという研究結果もあります。しかし、肥満である場合、糖尿病を発症するリスクは肥満でない場合に比べて高いことがわかっています。厚生労働省の調べ(R2002年度)によると、「糖尿病が強く疑われる人」と「糖尿病の可能性が否定できない人」はわが国で1,620万人いると推定されています。そして、肥満(BMI25以上)の場合、「糖尿病が強く疑われる」または「糖尿病の可能性が否定できない」人の割合が、肥満でない場合に比べて多く、肥満と糖尿病には密接な関係があることが示されました。このため、厚生労働省では糖尿病予防のために肥満防止を訴えています。肥満は糖尿病だけでなく、あらゆる生活習慣病を招く危険因子です。日頃の生活習慣を見直し、肥満の予防・解消に努めましょう。

参考:厚生労働省「心疾患-脳血管疾患死亡統計の概況-人口動態統計特殊報告」2006年3月
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る