vol.52

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

定期健康診断の結果が戻ってきましたが、見方がわかりません。どのようなポイントに注意すればよいでしょうか?

A回答

定期健康診断の項目には、身体測定から造血器検査(正常な血液が造られているか調べる検査)までさまざまなものがありますが、疾患別に考えるとわかりやすいでしょう。ここでは、生活習慣病ごとにチェックする項目を説明します。

●肥満
身長と体重からBMI値〔体重(kg)÷身長(m)の2乗〕を算定し、肥満度を判定します。BMI25以上だと肥満です。肥満はあらゆる生活習慣病の原因になるので、最初にチェックしましょう。

●高脂血症
血液検査の脂質値で、LDLコレステロール値、中性脂肪(TG)が基準値より高い、HDLコレステロール値が基準値より低い場合、脂質代謝異常症です。

●高血圧症
成人の場合、外来血圧が最高血圧140mmHg/最低血圧90mmHg以上、家庭血圧が135mmHg/85mmHg以上で高血圧症です。健康診断では外来血圧を見ます。高血圧症は他の病気と合併することが多いので、他の病気に気づく手がかりにもなります。

●糖尿病
尿検査で尿中に糖が多く出ている場合や、血液検査で糖代謝の指標であるHbA1cの値が高い場合、糖尿病が疑われます。

●骨粗しょう症
40代以降に身長が2cm以上縮んでいる場合、骨粗しょう症が疑われます。

●肝障害
血液中のAST(GOT)やALT(GPT)が高いと、肝障害や心筋梗塞の恐れがあります。また、γ-GTPが高いとアルコール性肝炎の可能性があります。お酒をよく飲む人にとっては、重要なチェックポイントです。

●消化器疾患
尿中や便中に血が混ざっていた場合、消化器癌や潰瘍が疑われます。

定期健康診断で、もし異常がみつかったら決して放置せず、医師に相談しましょう。

  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る