vol.64

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

最近、「メタボ健診」という言葉をよく聞きます。これまでの健康診断とは何が違うのでしょうか?

A回答

メタボ健診は、メタボリックシンドローム*患者または予備軍をいち早く発見・治療することを目的としており、そのような人には生活習慣の改善を促す「特定保健指導」を行う点がこれまでとの大きな違いです。

メタボ健診は正しくは「特定健康診査」のことで、40~75歳未満を対象に実施することが医療保険者(区市町村国保、健保組合等)に義務付けられています。計測項目に腹囲が加わり、腹囲が規定値(男性≧85cm、女性≧90cm)より大きい場合またはBMI≧25の場合を基本に、血糖値、脂質値、血圧値の異常と喫煙歴の中からいくつ該当するかによって低・中・高リスクに分類します。そして高リスク者には、生活習慣を改善するために、医師や保健師等による3カ月以上の継続的な指導を行い6カ月後にその成果を評価します。特定健康診査の最終的な目的は、日本の死亡原因の2、3位を占める心血管病を予防することです。近年、生活習慣病の低年齢化が進んでいるので、対象外の方も健康状態をチェックするために、年に1回は健康診断を受診しましょう。

*メタボリックシンドローム:内臓脂肪型肥満(腹囲が男性≧85cm、女性≧90cm)に加えて、高血圧、高脂血症、高血糖のうち2つ以上を合併した病態。心血管病を起こしやすい。

  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る