vol.68

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

高尿酸血症と医師に指摘されましたが、特に症状はありません。今後、重大な病気になってしまうのでしょうか?

A回答

高尿酸血症が続くと、尿酸が結晶化して沈着し関節痛(痛風)を引き起こします。また、高脂血症や高血圧、糖尿病を合併することが多く、心血管病のリスクが高まります。
高尿酸血症は血中の尿酸が7mg/dLを超えた場合を指します。高尿酸血症が長期間続くと痛風のほかに、腎障害や尿路結石を起こします。また、尿酸値が高いと心血管病(心筋梗塞や狭心症など)を起こすリスクが高まることがわかっています。高尿酸血症は、症状がないからといって放っておくとこれらの深刻な病気を引き起こすので、早期の治療が大事です。治療は、他の生活習慣病と同様、食生活の改善、適度な運動の導入、必要に応じて薬物療法を行います。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る