vol.69

LINEで送る 一覧に戻る

Q質問

日常生活で、しばらく歩くとふくらはぎに痛みを感じて歩けなくなります。医師には脚の動脈が詰まっている間歇性跛行(かんけつせいはこう)と診断されました。心臓病や脳卒中にも気をつけるようにいわれましたが、どうしてでしょうか?

A回答

間歇性跛行が起きている場合、脚の動脈だけでなく、全身の動脈が詰まり気味になっている可能性があるため、心臓病や脳卒中のリスクも高くなります。
間歇性跛行は閉塞性動脈硬化症の一つで、高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病によって脚の動脈硬化が進んだ結果、血液が流れづらくなり脚に痛みを感じます。間歇性跛行の患者さんは、脚だけでなく全身で動脈硬化が起きている可能性があるため、心臓の血管が詰まると心筋梗塞や狭心症、脳血管が詰まると脳卒中などが起きるリスクが高くなります。間歇性跛行の治療は薬物治療、運動療法、外科手術などを行います。重症化すると脚の壊死に至る場合があるので早期の治療が必要です。
  • このコラムは、掲載日現在の内容となります。
    掲載時のものから情報が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

LINEで送る
blank 商品のご購入はこちら
このページの先頭へ戻る